ああ、やんなっちゃった、あああ、おどろいた

 午後からのストリート音楽祭に備えて、早めのランチを食べながらテレビを見ていたら、『牧伸二さん、自殺か』というニュースが飛び込んできた。多摩川に身を投げて、救出されたが助からなかったようだ。あまりのことに、おどろいて師匠のウクレレ漫談の決めのフレーズしか出てこない。しかし、自殺はないだろ、自殺は。コメディアンとしての最後が笑えないんじゃどうしようもない。弟子の牧伸三も大ショックだろう。とりあえず、合掌。



スポンサーサイト

コメント

大正テレビ寄席

の頃は オッサンに見えたけど、まだ80歳の手前だったんですね。ポール牧にしても 一度の人生、お迎え来るまで生きてりゃいいじゃないか と思いますが。合掌。

誤報と思いたかったけど、ニュースで見てしまいました。
大正テレビ寄席、ハレハレゴーゴーゴー、見てました。
何があったかわかりませんが、何はともあれ、これできっと楽になれたのでしょう。
ご冥福をお祈りします。

血管病と老人のうつ

似たような人(自殺はしなかったが結局そのまま痴呆に)、周囲に多いので身につまされます。中年になっただけでも鬱々と考え事してしまうのに、あの歳ですものね。想像を絶してしまう辛さがあったと思います。しかし本人の持ちネタ通りの最期は辛い。ポール牧は自滅の末だったと記憶していますが(北野武がよく言っている)、この方は相当真面目な方のようですね。これも日本人的。

日曜の午後に「あゆみの箱」の

コーナーを見て、たかだか5分くらいマキシンにからかわれるだけで色んなお土産もらえていいな、とかなりマジに思っていた我がバカガキ時代。まさか、こんな最期の迎え方をするとは思いもしませんでした。

>一度の人生、お迎え来るまで生きてりゃいいじゃないか

ごもっともです。狭いポンニチ、そんなに急いでどこへ逝く、です。

誤報ならバンザイでしたが

テレビのニュースに出たときは、死亡は確定事項で後は自殺か事故かだけの検証でした。まあ、情況的に自殺の可能性大とコメントされたのもショックでした。

マキシンもああいう芸風だったけど

やはり根は真面目な人間だったんでしょうかね。ひとつ解せないのは芸人なのに、一つの演芸場には出たのに、次の会場には姿を見せず、川に飛び込んでるという点です。せめて、マキシンの芸を楽しみにお金払った客に挨拶して逝くべきだったのでは、と愚考しました。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索