御神籤を引いたら



基地じゃないか、吉だった。こういうのは大吉なんかは良くない。僕が知ってる大吉は二人いて、一人は猫アレルギーのおから好き。もう一人は博多弁の漫才師で奥さんが宮崎出身。

めでたさも中くらいでいいのだと鷹揚に構えていたが、書かれている内容を読んで激怒。こりゃ百円のくじだったからスカを引いたのだ。ここは思い切って三百円のくじをこうたれと売り場に行きかけて止めた。神社シホン主義の罠にはまる訳にはいかん。

とりあえず怒りが僕の原動力なので、今年も大丈夫だろう、多分。
スポンサーサイト

コメント

福引きの話

今日、義母が スーパーの福引きで、32型テレビを引き当てました。家内も 年末、異音の福引きで 一等を当て、ブルーレイレコーダーか旅行券かと思ったら 何と タッパーウェアの三個セット(怒)。「天下の異音の一等と言えば、家電品とか10万円相当のものじゃないのか? Y田M男を呼べ!」と言ってしまいました。楽屋落ちですみません(笑)。今年も宜しくお願い申し上げます。

今年もよろしくお願いいたします!

恋愛…不安が 空回り 結婚 空回り 道のり…。これもひどい(笑)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。
何年か前に、太宰府天満宮のおみくじで、私らの前か後にくじを引いた方が液晶テレビを当てました。私らはスカでしたが、ちゃんと当たる人いるんだなと、妙に感心しました。
運試しとはいえ運気なんて日替わりのようなものですから、悪い結果は神社に預けてしまえばよろしい。
私は新年早々歯がとれましたよ、はっはっは。

>Y田M男を呼べ!

いやー、ごもっともです。天下の異音のやるこっちゃないですね。そういえば、僕が入学した75年に幹事長をやっていたY田M男さん(別名:ゲゲゲの鬼太郎、っていうと怒ってた。グリズリーと言ったらさらに怒っていた、笑)は、まだ邪推古と呼ばれていた異音に就職しましたね。それよりも、M男の名前の通り三男だったため養子に行って、Y田がS木に代わったけど、どちらも日本を代表する姓だから代わり映えしません。

僕は当時のデューク先輩が「Y田がS木に代わっても、どっちも犬のフンだ」と言ったのをはっきり覚えています(笑)。懐かしいな、Y田さん、S賀さん、元気でやっていると良いけど。

ズトさん、こちらこそクシヨロで!!

僕も未だにおみくじ引くと「結婚」と「恋愛」を最初に見て、「ざけんじゃねーよ」とか「お、お、お、いいじゃん」などと口走ってしまい、配偶者や子供に追及されることはしょっちゅうです。

しかし、それくらいの楽しみはあっていいと思います(キッパリ)。

燐さん、ヤバいっすよ!!

昔から俗にハ・メ・マラといいまして、年輪を重ねると悪くなるものの代表です。歯が取れたってのは黄色信号、目はPCの見過ぎで悪くなってませんか?マラは・・・。などと新年早々からシーモネータやってると怒られるのでこのくらいで。

あ、今年もヨロシクお願いします。

あ、無問題。

既にニセモノの歯ですから。
私、酒もたばこもアンパンもヤヴァイ薬も一切やらないんですが、ネギの祟りで上の前歯が早々お亡くなりになりました。
http://kuroki-rin.cocolog-nifty.com/heaven_or_hell/2006/04/post_2801.html
ああこの頃は「きっこの日記」なんぞを読んでいたんだな。遅い中二病でした。

人生はネギである

というカントの言葉をご存じないようで(笑)。ネギというのは、あれは不思議な野菜で、麺類の薬味になくてはならないし、呑み過ぎた夜の最後の締めに食べる雑炊にパラリとかかっていると、「世界は一家人類は皆兄弟姉妹、なら人類皆謹慎ソーカン」という今は亡きビックリハウスの投稿を思い出させる存在です。

またご指摘のように味噌汁に入っているぶっといねぎも、これまた子供には分かりませんが酸いも甘いもかみしめた味がします。山本有三の『真実一路』の冒頭場面で主人公が白いネギの入った味噌汁を食べないと駄々をこねて、父親に叱られるというシーンを連想するのは古き良き日本を知るものの特権と言えましょう。

などと、ネギに関して話をすると終わらなくなるので止めます。しかし、久しぶりに燐さんのエントリー読んだけど、お互い昔は無駄に長い話が多かったですね。あ、無駄に長いのはオレだけか(笑)。

今年も

お久しぶりです(^-^)新年の御挨拶…遅くなりましたね(^-^;ごめんなさい。
大河ドラマをみて、drac-obさんを思い出し blogに久しぶりにやって来ました(笑)
京都に私も今年は帰る予定です。懐かしい旅になりそうです。実は私の祖父はdrac-obさんの母校と縁があるので そちらにも足を運んでみたくなりました(^-^)

ちなみに私は、おみくじ大吉でした(笑)
お互いにいい一年になりますように…

今年もよろしくお願いいたします(^-^)

『八重の桜』は

僕も欠かさず見ています。大河を連続で見るのは、緒方拳が武蔵坊弁慶をやっていた『源義経』か、その前の『太閤記』以来です(笑)。京都は昨年、久しぶりに行ってきましたが懐かしかったですね。随分変わったところもあったけど、出町の商店街とか修学院なんかは全然変わってなかったです。ところで、お爺さんは同志社の関係者なんですか?まさか宗教学の橋本先生とか国語学の玉村先生とか、ご存じだったりして・・・。

そうですね… 祖父が勤務していたころはかなり昔ですから… 私は詳しくはわからないですね。 若くに亡くなりましたので、私は一度も会うことができず…
いろいろな想いの残る京都です。
でも 久しぶりの京都、楽しみです(^-^)
また blogおじゃまさせてくださいね(^-^)

同志社は新しい校舎が

完成したようです。昨年夏に僕が行ったときは工事中でした。もっとも新築だけではなく、それまでの校舎の耐震構造を補強する工事もしていたので、キャンパスのあちこちに足場が組まれて、炎天下工事の音がやかましかったですね。京都に行った最終日に自転車で回った話を、そのうちに写真付でアップするので、また遊びに来てください。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索