晩夏の午後は読書でも



図書館からメールが届き、予約していた本が入荷した旨が書いてあった。平日は慌ただしいので本日受け取りに行く。そのついでに、以前から借りて読もうとしてそのままになっていた唐牛伝も一緒に借りた。家に帰ると、これまたネットで注文していた本が届いていた。こんなもんだよな、手元に読みたい本が無い時は全然なのに、いざ面白そうな本が入ると次々だ。ちなみに、この前まで読んでいたプガじゃの本は、創刊から廃刊じゃないか、大手に買い取られるまでの15年が時系列的に羅列してあるだけで、まあ面白いところもあったが、映画や芝居は専門外の僕には、それほど熱中出来る話ではなかった。

ミニコミとして登場し、一部の熱烈なファンを巻き込んでプガジャの愛称で親しまれていた雑誌が、なぜ経営が悪化し最終的には資本に絡め取られたかをもっと深く掘り下げで欲しかった。多分、まだ差し障りのある人たちが多いので、書けなかったのかという気がする。

それはさておき、写真に撮った3冊の本。まるでデタラメな並びだが本人にはちゃんと理由がある。まずは60年安保と全学連。その敗北から力をつけた革共同の腐敗と堕落。その歴史の流れに常につきまとう隣国の事件。しかし今、「かくきょうどう」と書いて変換しようとしたら全然出てこなかった。これもITの自己規制か、あるいは忖度か?

しかし、いまさらこんな本読んでも仕方がないが歴史の真実と向き合うことは良心的人間の義務だと考え、汗を流しながら読み始めるか。今日までの全ての反対運動は敗北の歴史である。今日までのあらゆる反対運動は主体的に取り組む人間にとっては絶対的な正義であるが、それはこの国の大多数の人間にとっては正義ではない、と権力から思わされてるだけなのだが。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

天花粉、シッカロール或いはベビーパウダー


連日の猛暑で右肘の表側にあせもが出来た。其れ程、痒くはないが見た目が良くない。あせもというより悪質な皮膚病みたいで体裁が悪い。昔からあせもに効くのは天花粉。バカ娘がドラッグストアに買い物に行くついでに購入を頼んだ。しかしながら、、天花粉という言葉が通じない。シッカロールと言ってもダメ。そうだ、ベビーパウダーなら知ってるだろうと言ったが、それもまた怪しい。案の定、後から携帯に電話があり軟骨みたいなものはたくさんあるが、粉末のものは見当たらないという。そうか、もう天花粉は売ってないのかと諦め、軟骨でいいから買って来てくれと頼んだ。

数分後に、得意そうな顔をしたバカ娘がくれたのが写真のベビーパウダーである。ピジョンというのは、確か赤ちゃん用のグッズやドラッグを作ってるメーカーだ。なんだあるじゃないかと、少し嬉しかった。

子供の頃、床屋に行って髪を切るときに、首筋にパタパタはたかれる天花粉が好きだった。少し汗ばんだ肌にふわふわ、サラサラの天花粉が塗るというより拭く、いややはり、はたく感じが気持ち良かった。

後年、この天花粉は大抵の皮膚の病に効くと知った。シーモネーターではないが、毛ジラミをうつされたら、まず速やかにインモーを剃り、剃髪状態の股間に天花粉をつけるとすぐ治ると、これは罹患したヤツから聞いた。幸か不幸か、いや幸に決まっているが毛ジラミをうつされたことは無いので、本当かどうかは分からない。このエントリーを読んでる人の中で、社会主義的リアリズムを追求したいというキトクな人がいたら是非お試しあれ。その間のレポートはメールで送って欲しい。

ま、しかし、この天花粉は皮膚病以外にも役に立つ。久しぶりに下宿に友人が集まり、今日は徹マンすっかと話がまとまり、コタツの天板を裏返し練り牌を箱から出したが、しばらく使ってないため、牌が湿気でベタつくことがある。そのまま使っていけば、時間の経過とともに手に馴染んでくるが、しばらくは気持ちが良くない。

そんなときには、牌の上に天花粉をはたくと、あーら不思議。あっという間にサラサラ、ふわふわになり、洗牌するのも軽やかになるのだ。しかしながら、天花粉の乾燥よりもさらに乾燥するのは自然の風。あれは、大学の一回生の時。秋口に野外で麻雀している連中を見た。いつもは雀荘や薄汚い下宿でやってる麻雀も、秋空の下でやると清々しく見える。

よし、これはいっちょ、オレ達もアウトサイダー違う、アウトドア麻雀やろうやないかとサークルの友人、先輩と話がまとまり、修学院から宝ヶ池まで自転車で移動して屋外麻雀を楽しんだ。コタツも麻雀牌も当然、自転車で運んだのだが良くぞ片手運転で修学院から宝ヶ池まで行けたもんだ。

清々しい秋空の下でやる麻雀は快適、ではなかった。あまりに牌ご乾燥しすぎて山が積めない。いや、積めるには積めるのだが、すぐに崩れてゲームにならない。しかも、点棒も乾いて良く飛ぶので、リーチ・ドラ3などに振り込むと、当然ムカついて点棒を相手に投げる。すると、1番大事な万点棒がどこかに飛んで無くなるなどという不測の事態が続いたため、アウトドア麻雀はその後は2度と行われなかった。

さて、後少ししたら風呂が空くので、ぬるめの湯にゆっくり浸かり、風呂上がりに天花粉をふろう。もちろん鼻歌は「風呂上がりの夜空に」である。オーケー、チャボ!!




iPhoneから送信

『ロマンティック・バイオレンス』の続きから



先日、臨時店番をしていた時から、ゆっくり聴きたかった山本翔のアルバムを開店前にかけている。このアルバムからは「アレイ・キャット」と「デビル・ウーマン」という2曲のスマッシュ・ヒットが出ている。そして、このあと「ロシアン・ルーレット」というシングルヒットを持って、山本翔は銀閣寺のサーカスに登場した。ストーンズが「ミス・ユー」のヒットを出した頃だった。

当時のサークルの会報だったか、新しく始めたミニコミだったか忘れたが、この時のライブのレポートを書いた。今でも覚えているのは、いつもはむさ苦しいニイちゃん、ねえちゃんの溜まり場だったサーカスに、小綺麗なティーンエイジャーの娘たちが沢山入って来たこと。最初にバックバンドが出て来たが、コスチュームがDEVO+テッド・ニュージェントという感じで訳がわからなかったこと。ただ演奏はとても上手くてカッコ良かったこと。山本翔は、やたら態度がデカくて小娘の客に、お前らのれよなとこ毒づいたこと。アンコールは「ミス・ユー」で、確かにミックに良く似ていたことなどは今もはっきり覚えている。

ライブ見たあとは、結構気に入ってしまい、当時バイトしていた祇園のクラブで、客のいない時間に有線に山本翔の曲をリクエストしたりした。うーん、オレは若い頃から行動パターンが変わっていない。

さて、このアルバムだが、もちろん山本翔の歌がメイン。メインだが、個性的な3人のギタリストの聴き比べも楽しい。土方隆行、芳野藤丸、そして土屋昌巳。この、それぞれ個性的でユニークなギターソロが聴けるのも、このアルバムの楽しみ。

最後の土屋昌巳は、サーカスのライブの時にバックバンドで参加していた。ライブのラストに山本翔がバンドを紹介した。一風堂という少し変わった名前のそのバンドが「すみれセプテンバー・ラブ」というマイナー・ヒットを飛ばすのは、もう少し後になるが。









iPhoneから送信

遅かりし由良之助てか、尼之助



地方都市に住んでいると、物流の不便さがつきまとう。アルバムでも本でも、新作が発売されると話題になってもわ実際に商品が店頭に並ぶまでにやたら時間がかかる。ディープサウスのザキミヤよりは、はるかに首都圏に近い福岡県在住の燐さんも、以前、エントリーでこのことを書いていた。要するに本土と九州の間の玄界灘が実はとんでも無く大きな海峡であり、首都圏から長距離トラックで運ばれて来た本やアルバムなどは、玄界灘を渡る前に一度本土側で荷物を降ろし、海が荒れないように人身御供を捧げてから海峡を渡る。この時に海に生きたまま投げ込まれるのはニートで、それは我が国の生産性に一切貢献しないからだという説を、確か柳田國男が主張していたはずだ。

ま、そういう風習があるので(ウソに決まってます、笑)、本土と九州には新作が到着するのに大きな時差がある。要するに、発売予定日など何の役にも立たない。しかし、同じポンニチに住み同じように働いて、きちんと納税している人間が、ディープサウス在住だから、本土の人と同じタイミングでブツが入らないというのは、いかがなものか。これは地方サベツでは無いかと菅官房長官に大きな声で質問してみたい。多分、「全く違う」と言われるのが関の山だろうが。

それはさておき、毎回楽しみにしている『進撃の巨人』の新刊が出た。今回は、出遅れないようにアマゾンに予約した。これなら発売予定日から大して遅れずに、また確実に手元に届くと思ったからだ。だが、一昨日、仕事帰りに寄ったコンビニのコミックの書架に、この本が何冊も置いてあった。え、何でや、オレのとこにはまだ来ないのに、コンビニが先か。ちょっとプンスカしながら家に帰ってPC開いたら、アマゾンから商品発送のメールが来ていた。到着予定日は金曜日。くそ、あと2日もある。

そして今日、午前中から配偶者関係の墓参に二箇所行く予定をしていたので、留守番のバカ娘にアマゾンからの荷物が届くので、オレが家に帰るまでは出かけるなと厳しく言いつけ外出。先ほど帰ってみたら、郵便ポストにブツが投げ込んであった。

バカ娘には、留守番した意味がないと文句は言われるし、非常に不愉快な休日の午後であった。









iPhoneから送信

今夜は山本翔


名盤『ロマンティック・バイオレンス』を聴こうと、店に来たら終日忙しく片面聴くのがやっと。続きは、次回。





iPhoneから送信

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索