本日は、グレース・マーヤのライブ


残念ながら、客としての参加ではない。宮崎国際ジャズデイのサポーターイベントの第2弾。スタッフとしての参加なので、前回の西藤ヒロノブのライブと同じくほとんど演奏は見られないし、多分、パーティで飲み食いもほとんど出来ない。

が、しかし、おいらがやらなきゃだーれーがやーる、パラシュート革命~。一息入れたら段取りに取り掛かるか。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

アメニモマケズ



カゼニモマケズ、せんべろのサカバ二ヨヤクシテ、イチジカンイゼウコズニ、ソレデモミセノヒトハヨヤクヲソノママニシテクレル。コウハイヲツレテせんべろ二キタラ、ヤキソバノオオモリトヤキメシノオオモリヲタノミ、カネハシンパイスナ、オオイニノメトススメル。マワリノヒトカラハ、オセッカイナデクノボートイワレル、ソウイフヒトニナリタクナイ。




iPhoneから送信

誰がカムパネルラを殺したのか、そして図書館の在庫管理はどうなっているのかという話

カムパネルラ

  年末に図書館で、山田正紀の『カムパネルラ』を借りた。日曜の新聞で書評を読んで興味を持ち、図書館で借りようとしたが、既に貸し出されていたので予約した。その段階で何人か予約が入っていたので年内は無理だと思っていたが、予想外に早かった。

 もともとSFは好きだったが、最近はほとんど読んでいない。何年か前に日本の歴史を操るネズミの話を読んだくらいだ。今回の本に興味を持ったのは、いわゆるタイムスリップの話ではあるが、優れて今日的な話だと思ったからだ。つまり、もう直ぐに、これから直ぐにやってくるかもしれない管理社会の話だと思ったからだ。

 ネタバレにならないよう、ストーリーを書くと母の遺言でその遺骨を宮沢賢治の生家近くの川に散骨しに行った主人公が『銀河鉄道の夜』の世界に迷い込む。しかし、その世界は原作と少し異なり「美しい日本」のために自己犠牲を賛美する思想を若者に浸透させようとするメディア管理庁の陰謀の手が蠢いていたのだ。

 宮沢賢治という作家というか詩人は、どうにも苦手だった。だいたい、雨にも負けず風にも負けない男がなんでデクノボーなのか、とかね。風の又三郎より、オレは北風小僧のカンタロウのほうが良いなとか、あるいは裁判に強制参加させられて、その報酬がドングリってのもちょっと嫌だなみたいな違和感てか、軽い嫌悪感があった。

 この小説を読んで、宮沢賢治の自己犠牲の思想は、確かに今の『子供達を乗せた船が敵から攻撃を受けても、今のケンポーでは何もできないんでつ、キリッ』とヒステリックに叫ぶ我がポンニチの最高権力者が喜ぶてか、親和性があると思う。ま、どんな思想だろうが、それを悪意に取れば何でも正当化できるから宮沢賢治の責任では無いけど。

 年末年始の休みの合間、それもお酒を飲んでいない夜の寝る前に読んでいたので、返却日までに1回と半分しか読めなかった。いろいろと再検証したい箇所もあったので、貸し出し延長を図書館のホームページからしようとしたら、次の予約が入っていた。仕方がないので、一旦返却して又新たに貸し出し予約するつもりだった。

 返却日は平日だったので、夜の7時までに返しに行くつもりだったが、雑用もあって図書館に着いたのは7時を回っていた。窓口は閉まっていたので、夜間返却のポストに投函した。

 その翌日に図書館のホームページから貸し出し予約を入れようとしたが出来ない。調べてみると、まだ僕が借りたままになっている。年が明けて、図書館も利用者が多く忙しくて事務のてが回らないのだと思っていた。

 それから数日して、昼休みにスマホのメールをチェックしていたら図書館から返却督促のメールが来ていた。読んでみると、お前が借りた本をいつまでも返さないから迷惑しておる。ついては裁判をするのでネコネコ山の裁判所に金色のドングリを持ってやって来い。遠くて大変なときは夜鷹のタクシーを使ってもいい。

 などとは書いて無かったが、要は、はよ返さんか、ボケという内容だった。昼休みではあったが、僕は直ぐに電話して本は当日、返却ポストに入れたことを説明したが、受けた人間が何とも要領が悪く、「えーと、おたくが借りたのは、カン、カン、えーとカンパン、ネラ?」みたいな対応で時間ばかりかかる。こちらは、休み時間を使って電話してんだよと、ちょっと強い口調で言うとあたふたして、担当の窓口に代わるから少し待てと言われ、相当な時間待たされて、やっとその窓口に繋がった。

 今度は、やたら冷たく感情の入らない声で、再度、名前と電話番号、用件を聞かれた。全て答えて、本は締切日の夜に返却した事を話したら、「いえ、こちらのデータではまだ返却されていません」と言われた。いや、だから、そちらのデータじゃなくて、返却ポストに入れたんだから、そこを探せば出てくるってーの、だいたい締切日の翌日にはちゃんとチェックしておくことじゃ無いの?借りるの楽しみにしている人がいるんだから、延滞料をあてにするレンタル屋みたいなことするなと、これは流石に口にはしなかったが、まあ、気分はそんな感じだった。

 それから図書館は何も言って来ない。昨日、ホームページをチェックしたら無事に『カムパネルラ』の予約は出来たが、そこには本を追加購入したみたいなことが書いてあった。やっぱり出て来なかったが、もう督促が面倒なので補助予算を使って購入したのか?

 あまり気分は良く無いが、本日も図書館に行き『宮澤賢治伝説』を借りて来たので良しとするか。

※追記~書き忘れたが、この本の初版は奥付を見ると、2016年『10月21日』となっていた。確信犯だ。


エミちゃん、お久しぶり、元気してた?

 今日、仕事帰りの車のFMで思わぬ名前が聞こえてきた。『それでは次の曲はなんたらかんたらフィーチャリング・エミ・マイヤー!!』。え、エミ・マイヤー、そういえばアルバム『ギャラクシーズ・スカート』からしばらく聴いてなかったとぼんやり考えていたら、うわ、全然変わらないというより、以前の彼女よりさらにスケールアップしたボーカルが聴こえてきた。家に帰って、晩御飯を食べてお風呂に入って、そしてネットで検索してみた。今日聴いたのは、DJ OKAWARIの「Midnight Train (feat. Emi Meyer)」という曲だった。ちょっと待て、DJ OKAWARIって誰だ。マジでDJ OKAWARIか、DJ OMAWARIだったら許さんぞ、などと思いつつYOU TUBEで探したら、夜行列車のビデオとともに歌姫エミ・マイヤーの声がじんわり広がってくる。ええなぁ~。聴き終わって彼女のHPを見たら、不覚、『ギャラクシーズ・スカート』の後に2枚もアルバムを出している。しかも最新作『モノクローム』はジャズのスタンダードを歌っているじゃないか。取り急ぎ、このジャズのアルバムを何とかしたい。しかし、何度聴いても彼女の声はいいな。そうそう、プリウスのCMに使われた「On The Road」のビデオは京都の街中を走り回る映像で、ラストは出町の三角州でバンド・メンバーと遊んでいる風景だった。懐かしかったな。あの映像見て京都へ行きたくなったんだっけ。

 おっと、とりあえず問題の「Midnight Train (feat. Emi Meyer)」の動画を貼っておきます。彼女のHPに渡辺亨という人が「彼女の歌を聴いていると、70年代初期の日本の女性シンガー・ソングライターの、いくつかの名盤が思い浮かぶから。 吉田美奈子の『扉の冬』や金延幸子の『み空』、五輪真弓の『少女』などが。」と書いていた。うん、確かに損か雰囲気を持っているけど、今は2010年代、、もっとポップにもっと深遠に作られた音楽だと思う。彼女はアメリカ人の父と日本人の母から生まれたが、名前のEMIは実は日本語なんだよな。



 おまけで、こいつも貼っておく。プリウスはクソだが、このCMソングを選んだのエライ!!



※1/14追記~この前貼ったばかりの動画がなんたらの異議申し立てで削除されていた。先ほどオフィシャルの動画見つけたので貼りなおしておく。

遅めの初詣



昨年末に親が入院、年明けから自分自身も原因不明の腰痛。碌な年末年始ではない。普段は無神論のワタクシではあるが、困った時の神頼みという都合の良いコトワザをあてにして、去年もお参りした神社へ。

いざお参りをと思った瞬間、思い出した。去年は、ここで厄払いを受けた。お金がもったいないと思ったが、以前のライブで遠藤ミチロウが厄年のお祓いをしないと不幸が来る。オレはそれをしなかったので離婚した、などと脅かしたのだ。

が、しかし、厄払いしたもののやけど虫にやられたり、ドツボ続きの一年だった。頭にきて、神様にクレーム言って返金を申し出したら、クーリングオフ期間を過ぎてるからダメと天の声。ああ、世知辛い。これもアベ政治が悪いからだ。





iPhoneから送信

新年は迎えたが



全く変わらない毎日が過ぎていく。本日は、団体さんの予約が入っているのでロックバーで店番。今年最初のレコードは、少し迷ったが訃報続きのロック界で、唯一明るいニュースを提供してくれたミックに敬意を払ってストーンズのバラード集。

自宅に届いた年賀状をパラパラ見ていたら、昨年不当逮捕されたK君のものがあった。今は元気で過ごしてるようで何より。もっとも、パクられていた期間の手記を読ませて貰ったが、大変などと簡単には言えない状況だったようだ。

ご挨拶が遅くなりましたが、とりあえず、新しい年になりました。今後ともみなさんよろしくお願いします。





iPhoneから送信

プロフィール

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索