大晦日だというのに



大掃除も、年賀状もまだ手付かず。それなのに、ロックバーでニール・ヤング聴きながら、団体さんの相手をしている僕って何?

追記:このアルバムをかけているときは、団体さんが入っていたけど何とか24時には終わりそうだった。このアルバムの曲を聴きながら一緒に仕事していたスタッフに「今日は流石に、"till the morning comes"にはならないよね」と笑いながら話していたのだが、なんと日付が変わるころに続々お客様ご来店。開き直って三枝風に「いらっしゃ~い」と接客(涙)。口は災いの門だ。






iPhoneから送信
スポンサーサイト

職場の忘年会で


何故か学校給食の話題で盛り上がった。必然的に、何が一番美味かったか究極の給食メニューは何だというテーマになり、僕は絶対な自信を持って「揚げパンとみつ豆、これで決まり」と宣言。すると回りに奇妙な空気が漂い、中の1人が意を決した感じで、こう聞いてきた。

「揚げパンは、給食に出たけどみつ豆って何ですか?」。僕は我が耳を疑った。みつ豆を知らない?戦争しか知らない子供たちは知ってるが、みつ豆を知らない子供たちって何や。大人をからかうものじゃ無いぞと諭すが、その場にいた全員がキラキラした目でみつ豆、知らなーい、と訴えている。仕方ないので説明するが、ピンと来ない様子。そうしているうちに、今度はこちらに質問があった。

「脱脂粉乳って飲んだことありますか?」。そんなもん、当たり前だのクラッカー。世の中にこんなに不味い飲み物があると、教えてくれたのは鬼畜米英、違う、米帝。本来、家畜に与えるものを大量に余ったからといって、植民地である我がポンニチに売りつけた。それを栄養があるなどと有難がって押しいただいたのは当時のポンニチ政権。ま、そんなことはどうでも良いが、脱脂粉乳飲んだ飲んだ、飲まれて飲んで、飲んで飲みつぶれて眠るまで飲んだよな、と同意を求めたら全員揃って首を横に振りやがった。

さらに、給食に米のメシは出たかという話題になり、そんなもん出てきたことねーよ。コッペパンか食パンだと答えたら、「カレーの時もパンですか?」と聞かれ、「カレーなんか給食で出たことねーよ。カレーシチューはでたけどな。あれがまた、サラサラした味なんだが、美味かった」と答えたら、またもや全員揃って首を横に振りやがった。カレーシチューなど知らないというのだ。

ま、世代の違いといえばそれまでだが、給食でクジラの肉を美味しく頂いた世代からすると、米の給食ナンセンス、みつ豆知らない世代ナンセンスと叫んでおく。





iPhoneから送信

遅番で店に行ったら



週末で、続々とお客様がご来店。同級生のお客様からディランのリクエストがあったので、高校時代に出たザ・バンドとのライブをかけて、次に「ハリケーン」と続ける。ホントは、グレグ・レイクの追悼でクリムゾンからELPとぶっ通しかけたかったが、そうもいかん。とりあえず、ディランの話で盛り上がる今宵のワタクシ。




iPhoneから送信

死中に活あり さらばグレグ・レイク

 NHKのヤング・ミュージック・ショーで見たEL&Pはキースのナイフを使ったパフォーマンスに圧倒された。その後、あの印象的なジャケットのアルバムを手にして聴き直してみたら歌詞がやたら印象的で、さらに「キエフの大門」での彼のボーカルの素晴らしさにやられた。ほぼ同時にクリムゾンを聴いていたが、『宮殿』でのボーカルはなんとなく寒々しくて、あまり周囲に評価する人がいなかったが『ポセイドン』での彼の歌が好きだった。「キャット・フード」なんて早口言葉みたいだったっけ。

 「キエフの大門」は思い出がある。多分76年の春合宿だったと思う。京都の田舎の山の上の寺で合宿したが、夜になると周りに何もなく真っ暗闇。寺なので酒もあまり進まず、同郷の先輩2人と散歩に出た。大きな月が出ていた。誰かが突然” Come forth, from love's spire”と「キエフの大門」のイントロ部分を歌いだした。そのまま3人で大声で歌い最後に「ぜあずのーえんどとぅーまいらいふ、のーびぎにんぐとぅまいで~す、で~~~~~すい~~~~~~ずら~~~~~~~い~~ふ~~~」と歌いきって大笑いした。一体全体どういうわけでそんな歌を、それも3人同時に歌いだしたのか。さびれた寺の夜の風景が輪廻転生を歌っているようなあの歌を連想させたのだろうか。

 キース・エマーソンの自殺と異なり、彼は病気と闘って彼岸に行ってしまった。思い出は沢山あるが、やはり春の合宿が一番最初に浮かんでくる。それと英文学の試験にウィリアム・ブレイクが出て、「お、これは『聖地エルサレム』のオリジナルやんか」と考えていたので、案の定単位は落とした。それはさておき、また一人個性的なロッカーが亡くなってしまった。合掌。



プロフィール

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索