オール・ザ・ラスト



大学に入り、最初に覚えたのは麻雀である。高校の時にも、友人の家に牌があったので簡単なルールは知っていたが、いわゆる「役」を知らなかった。「イーファン縛り」とか、ましてや「ドラ」も何も知らずに立体的セブンブリッジみたいな感覚でやっていたので、それほど面白いとは思わなかった。

下宿で知り合いになったやつの中に、福井出身の浪人生がいて、こいつがやたら麻雀しようと誘うので、下宿の規則では違反なのだが、夜、僕の部屋に集まりこたつの上に毛布を敷いて卓を囲んだ。メンバーは、僕を含めた大学生3人に福井の浪人生。見学しているのは、隣の下宿の浪人連中。親決めして、いや、その時に初めて麻雀は親を決めてやるものだと知ったのだが、まあ、とにかくゲームが始まった。山から牌をツモり、手牌の中に入れて要らないものを捨てるという行為がしばらく続いた。

突然、福井浪人が「リーチ」と叫び、牌を横向け千点棒を投げ出した。「リーチって何?」と、僕は聞いたが奴は、「あ、気にせんとって、そのままやればええ」などという。その言葉に従い、そのままやっていたら、何周かして、突然「ロン」と言われた。福井浪人の手牌が倒され、「メンタンピン三色ドラ、あ、裏も乗ってドラ3。倍満や」などと嬉しそうに言う。何のことかと聞いたら、僕の捨てた牌が彼のリーチに当たり、倍満だから16,000点払わないといけないと言われた。「何言うてんねん、おまえ、そのままやればええと言うたやんけ、それで当たるのは卑怯だ。おまえそれでも九州男子か」と聞いたら、「いや、ワシは福井の人間や」と答えやがった。

そのやりとりから、マジで僕が麻雀を知らなかったことが分かり、ルールも知らずに賭け麻雀やるとは、さすがに九州の男は気合が入っている、などと思われる筈はなく、コリャいいカモがネギ背負ってやってきたと、福井浪人一派はヨダレを流したことだろう。その日から毎晩、福井野郎が部屋に来て麻雀のルールや、テンパイ待ちなどを細かく教えた。何も親切心からではなく、こいつに麻雀の面白さ教えて毎晩カモッたろという下心からであることは当然である。1つには、浪人生の大学生に対する屈折した心理(いわゆる、僻みね)もあったと思う。

その麻雀レッスンのある日、僕が彼に、麻雀のゲームのラスト、つまり半チャンが終わる時に「オーラス」というのは何故か尋ねたことがある。福井野郎の言うには2通り説があり、1つには「大ラス=大きなラスト」と、もう1つは「オール・ザ・ラスト」という意味だと説明を受けた。後に別館サークルの中でも麻雀の強さが圧倒的だったサークルに入り、ま、そこがDRACだったわけよ(笑)、そこでもオーラスはオール・ザ・ラストの意味だと聞いた。

さて、今日で8月も終わる。僕のロックバーでの店番も終わる。明日からは、訳あってジャズにどっぷり浸かることになる。今までのように、チーハクなロック小僧相手ではなく、全ての市民を巻き込んで大きなムーブメントを起こすために、起爆剤となれるかオレ。頑張れ悪たれ小僧のオレ。と、日の当たらなかったスパークスの情宣というアルバム聴きながら決意表明するのだ。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

撤収作業完了


去年の8月から店番の手伝いに入って1年。来週の水曜日が最後の店番になる。この間に、店のライブラリーで不足しているジャンルのアルバムや、これはお好きな方にはタマランチ会長なレコードを家から持ち込んだ。自転車かバスで通っていたので、一度に持ち込めるレコードは少ない時で2、3枚。多くても5枚が限界だった。

しかし、チリもアジェンデが倒されたら独裁になる。いや、なんか違うな。チリも歴史も政経、倫社。いや、ますますおかしくなった。そうそう、チリも積もれば山になるだ。1円を笑う者は1円に泣く。覆水盆に返らず。要するに、最初は、大した事は無いと思って始めた事も、歳月を重ねると大した事になっとるぞという教訓は正しい。そういえば、愚公移山なんて簡単な熟語もあったか。

先だっての引っ越しの時も、処分して量は少なくなったはずの本やCDは、未だ梱包を解かれず部屋と押入れに積み上げられている現実を見れば、予想もついたはずだが、そうやって少しずつ持ってきたレコードも、いざ持ち帰ろうとしたら段ボールに二箱と半分あった。あ、違うな、その前に、これは大事だと選んだマイベスト中のベストのレコードは手持ちで先に移動したので、やはり段ボール3箱以上はあったのか。

これらのレコードを、今住んでる家に持ち帰ろうものなら、寝る場所も無くなる。仕方ないので実家に持って行ったが、そこでも本とレコードを何とかしろと文句を言われた。セロニアス・モンクは大好きだが、この歳になって親の文句は御免被る。適当に返事をして、ゲルニを決めた。しかし、いよいよレコードの置き場所に困ったら京都の蔵に送るしかない。何、京都に蔵があるとは何事だ。貴様それでもルンペン・プロレタリアかと、トロツキー先生のお叱りが聞こえそうだが、いやいや、京都の蔵は後輩のマス坊の所有物なので、オレは一切何の権利もない。しかし、こういう時は、センパイの権利でえばるのだ。ま、でもオレの持ってるレコードのほとんどはマス坊も持ってるはずだから、やはりこれは公的機関にでも寄贈するしかないな。

もっとも、そういうお役人の管轄のところに頭脳警察やザ・スターリンのレコード持って行っても胡散臭げに睨まれて拒絶されるだろうな(笑)。しかし、モノを持つというのは、やはり良くない。人間、座りゃ半畳、寝て1畳の生活が一番だと、名もなきルンペン・プロレタリアは小さな声で呟くのだ。





iPhoneから送信

ラス前のレコードは



何が良いか、さらに日の当たらないレコードシリーズにも該当するものは、と、暫し考えて手にしたのは、エリック・アンダーセンの歴史的名盤『ブルー・リバー』だった。その昔、小倉エージの無人島レコード10枚の内訳は、ビートルズのサージェント・ペパーズ、ディランのアナザー・サイド、そして残りの8枚は全てエリック・アンダーセンのアルバムにするとまで言わせしめた。なんと、あの名盤にリクエストは来なかったのか?来なかった。何故なら、店のライブラリーに入ってなかったから当然である。

エリック・アンダーセンで置いてあるのほ、これも元は僕のレコードではあるが、この次のアルバム、『ビー・トルー・トゥ・ユー』である。こちらは、たまに常連さんでリクエストする人がいた。去年の8月から、ロックバーの店番を週に二回するようになった時に、店のライブラリーで、あまり揃っていないパンクやニューウェーブ系のレコードを持ち込んだが、毎日その手の音はしんどい。たまには、シンガーソングライターも聴きたいと、自宅から持ち込んだのがこのアルバムだ。

そうそう、国内未発売の『モア・ヒット・フロム・ティンキャン・アレイ』も、持ち込んだが、こちらはアルバムそのものの存在が知られてないので、当然リクエストは無かった。さて、ここから思い出話を書こうとしたら、団体さん、いらっしゃ~い。続きは、家に帰ってから。




iPhoneから送信

BLOW TOKYO ROCKERS!!



ロックバーでの店番も、今日を入れて後3回。日の当たらないレコードシリーズその3でもあるのだが、本日のオープニングは、あの東京ロッカーズのオムニバス・アルバム。A面に針を落とすと、レックの巻き舌の英語で「ハロー、トーキョー・ジャンキーズ」という挨拶から始まる強烈なトリオのサウンド。ツネマツマサトシのギターが空間を切り裂き、レックの叫びがライブハウスを席捲する。初めてこのレコードを聴いた時の印象は、今でもはっきり覚えている。

その後、京大の西部講堂で、磔磔で何度彼らを見ただろう。最初は東京ロッカーズとして、複数のバンドで京都までやって来たが、だんだんファンも好みが分かれて来て、フリクションやリザードのように単独で客を呼べるバンドもあったが、地元関西バンドと対バン形式でないと、集客が厳しいバンドも出てきた。
そうそう、この手のパンク・ニューウェーブ系のバンドで、最初に関西に来たのは、パス・レコードの連中、突然段ボールや、ボーイズボーイズだった。正直、突段はよく分からなかった。ホワイトマンの仕業だよ、と言われても、ふーんという感じ。ボーイズボーイズに至っては、一緒にライブを見た故M原君は演奏終了後のバンドに、どっちがサルじゃとケンカを売ったくらいだ(笑)。

この手の話は、始めるとやめられない・止まらないのエビセン体質なのだが、残念ながらお店に来るロックファンの多くは、米英のロックをありがたがるというか、日本のロックを認めない人が多い。これは、このロックバーに限った事ではないが、団塊の世代から下の世代、特に70~80年代のロックを聴いていた世代は、エーゴで歌うロックが大好き。10ccの「アイム・ノット・イン・ラブ」は知っていても、「光輝く少女よ」は知らない。

考えてみたら、学生時代にロックのミニコミを作り、不特定多数に意見表明していた頃と何も変わらない。いや、大きく変わったか。ロックが好きな人間の中にも、体制大好き・権力バンザイの連中が増えて、ますますこの国は沈もうとしている。大揺れ東京だぜ、まったく。

という事で、硬派なロックが聴きたい客は、今週の水曜と金曜。そして、来週の水曜でサヨナラだ。幻のレコードも消えて行く。







iPhoneから送信

おまーら、えーかげんにせーよ、額に汗して働けや

 ハイ、久しぶりに来たスパムメールてか、架空請求メール。ひねりも何にもなくて、でんでん面白くない。以前、「私はチンパンジーです」というスパムが来たが、あれは驚いた。ちょっとしたSFてか、近未来社会を風刺しているかのような内容だった。それに比べて、こちらは。ハァ、オレオレ詐欺もそうだけど、世の中楽して儲けようと思う輩が大杉栄。とりあえず、全文さらす。あ、いちおうリンクは切っておく。

******************(携帯アドレス)宛て 利 用 料 の未 払 いのお知らせ
『Happy ch*t』はSNSサービスの改変に伴い月額有料制になりましたが以前の登録利用料、延滞金が発生しているために退会処理が正常にできませんでした。
つきましては登録利用料と延滞金をお支払いの上再度退会をしてください。
------------------
■.登録利用料及び延滞金
40,000円


《連絡先》
info@happyhappych*t.hippy.jp

訴訟受理番号:124784

登録アドレス
(ワタクシの携帯アドレス)

-------------------
※アマゾンカードでのみの受付になりますのでご注意ください。
最寄のコンビニエンスストアでアマゾンカードを購入して番号、購入日、金額を記載の上こちらに連絡してください

例)
ABVS-KNJAK5-BHGAA 2017/08/03 40000円
------------------
《連絡がない場合》
勤務先の調査費用、財産差し押さえのための財産調査費用、ご自身でお支払が困難な場合のご家族の連絡先、財産調査費用、弁護士費用等、その他様々な費用が加算され、多額の損害賠償請求訴訟の裁判になる可能性もあります。
つきましては弊社まで24時間以内にメールでご一報いただくようお願申し上げます。


 アマゾンカードで無いと返済が出来ない債務って何ですか、それ(笑)。で、訴訟を起こしているの?どこの裁判所が受理(大笑)してるのかな。相手の名前も住所もわからず携帯のメルアドだけで受理してくれる裁判所、多分、アメリカか中国あたりか(笑)。連絡がない場合に発生する費用もユニークだな。わざわざワタクシのために弁護士雇ってくれるのだろうか。「その他様々な費用が加算され、多額の損害賠償請求訴訟の裁判になる可能性」に至っては全く意味が理解できないのは、ひとえにワタクシの頭が悪いせいだろう。

 今気が付いたが、相手方のメルアドにちょっとしたジョークが入ってるな。サイト名は「happy chat」だけど、最後が「hippy.jp」となっている。なるほど、犯人はヒッピーだと自己主張しているのか。おそらく60年代、70年代のロックなどを崇め讃えているやつで、普段はジーンズとTシャツ、口を開けば「ヘイ、ピース・ブラザー」などといってるやつ、ハトの足跡マークをやたらつける奴、うん、一人心当たりがある。あいつか。心当たりのある人は早めに自首するように(笑)。



蒸し暑いから、ロバート・ワイアットを聴こう



日の当たらないレコードシリーズその2は、ロバート・ワイアットである。前回のアル・スチュワートもそうだが、このロバート・ワイアットも知る人ぞ知る素晴らしいミュージシャンである。何と言っても元ソフト・マシーンで、とかきかけたが良く考えてみるとソフト・マシーンてなんですかという輩の方が多分マジョリティだろう。いや、だからゴングがとかマッチィングモウルがとか、ケビン・エアーズが、などと言うと、ますます頭の上に疑問符をたくさん掲げる奴らが圧倒的多数だろう。そんなことだから、選挙でアベちゃん一派が多数派をしめて、憲法を力づくで改悪し、それを見たバカ者共が、やったねアベちゃんなどと称賛し、あれいつの間にかセンソー始まったけど、アベちゃん冗談だよね、とか、我が国は神の国だから、いざとなれば神風が吹くと行って自爆テロをやったりなんかする世の中がもうすぐ来る。多分、間違いなく。何故なら上に書いたように、ロバート・ワイアットも知らなきゃ、ソフト・マシーンも知らない。そもそも、そのバンド名の謂れすら分からない奴が圧倒的多数だからだ。

などといじけてみたが、それはさておき。ロバート・ワイアットを初めて聴いたのは高校の頃で、アルバム『ロック・ボトム』が最初だ。白いジャケットにイラストで海水浴かなんかの様子が描いてあった。A面の一曲目が「シー・ソング」で、海の底から響いて来るようなキーボードと彼の声にやられた。そのレコードを初めて聴いたときの季節はいつか覚えていないが、何となく頭の中では、夏のレコードという刷り込みが行われた。後年、イーノの『アナザー・グリーン・ワールド』の中の「セント・エルモス・ファイア」を聴いたときも、これは夏の、真夏のアルバムだと思った。何しろ、♪イン・ザ・クール・オーガスト・ムーンというサビの後に続くフリップ大先生のギターが夏の冷たさ、狂気を感じたんだな。

さて、このレコードはアルバムタイトル通り1982年から84年までの作品で、虐殺されたピコの歌も入っている?交通事故で半身付随になった元ドラマーのワイアットが、キーボードと独特の声で歌っている。いつか店のお客様にアルバム両面聴かせるのだ。





iPhoneから送信

日の当たらないレコード



本日のタイトルは、やや問題がある。一般的に「日の当たらない」という表現は、マイナスの意味が多い。目立たない、地味、相手にされない、マイナー等等。世間的には日は当たらないよりは、当たる方がいい。しかし、塩化ビニールで出来ているレコードは、日に当たると反ってしまい、再生出来なくなる。オークションで、やっと落としたホットメニューというサンプラーのレコードが、目で見た時は分からなかったが、ターンテーブルに乗せると見事に波打っていて、それでもこれくらいなら何とかなるはずと、ゆっくり針を下ろし再生し、お、何とかいけるかと喜んだ途端に針が飛んで、飛んで、飛んで、飛んで、回って、回って、回るのを見ていたら涙が出た。

そういうわけで、レコードを直射日光に当てるのはよくない。などと、屁理屈こいても仕方ないのだが、本日は店でなかなかリクエストの来ないレコードを選んだ。アル・スチュワートの猫年である。ボーカルも良いし、メロディに哀愁もある。演奏もタイトだ。しかし、リクエスト来ない。まあ、そういう日の当たらないレコードの中には、本当に素晴らしいものがあるので、当面は「日の当たらない」シリーズで行きたい。

ま、良く考えてみたら、いや、良く考えてみなくても、僕の人生も日の当たらない人生なので同病相憐れむではないか、などと言うと身も蓋も無いのだが。




iPhoneから送信

引っ越しの荷物を整理中

古いノート

学生時代にパンタにインタビューした時の下書きが出て来た。これは、多分2度目のインタビューで、どんな質問をするかサークルの仲間たちと話し合いをした時のメモだろう。初めて、パンタにインタビューしたのは、マーマレードというミニコミを始めた頃で、その時の話はカセットに録音したものの、そのインタビューをセッティングした熱心なパンタファンの、もうバラすけど浜さんが原稿にする前に自分で聴きたいと言うので貸したら、何と、そのカセットにムーミンの最終回を録音してしまい、覆水盆に返らず、あら、えらいことしてもうた。で、終わりや。世の中、力関係ちゅうもんがあって、そもそも浜さんの紹介無しではパンタのインタビューなど出来なかった。

で、2回目だか、この時のいきさつは少し曖昧。浜さんの紹介もあったとおもうが、それ以外の力関係があり、ま、何はともあれ銀閣寺はサーカス&サーカスでのライブが終わった直後にパンタの話を聞かせてもらった。この時のいきさつは、カセットに録音して自分の手元に置いてある。ムーミンの録音を断固阻止するためであって、決して私物化したいという邪な気持ちではない(笑)。

で、このメモの最後にハタ坊の渋いツッコミが書いてある。あいつは、かしこかったんやな。



iPhoneから送信

火曜日なのでスイート・サーズデイ



何とか無事に引っ越しは終わったけれど、そして引っ越し前に段ボール9箱の本を処分したのに、ああ、それなのに部屋に入らず段ボールのまま積み上げられている本、CD、さらにDVDやノート、レポート用紙、冊子にカタログ。自分の部屋の押入れの下の段に段ボール6箱入れた。そして、部屋に入らない段ボールが、やはり6箱。

家族全員から、かなり頻繁を買っている。そんなもんは、大した問題ではないが、おかしい。これまでの部屋には、それは押入れの中や倉庫の隅とか、配置は様々だったが、処分した9箱を加えると都合、21箱ほどあったのだ。それが入らない。どうするか。次の休みに判断するが、心は決まっている。処分しかない。ネットのフルモトに足元見られて、買い叩かれるのは覚悟の上だ。

しかし、人はなぜこの真夏に引っ越しするのかと訝るかもしれん。何、特に理由はないが、強いて言えば8.8ロックデイに合わせて8.8引っ越しデイにしたのだ。この8.8は70年代の関西にいて、多少なりともロックやブルース、R&Bに興味のあった人は、みんな知ってる。知らなきゃモグリだ。

ウェスト・ロードのホトケは「はってんはち」と呼んでいたが、僕の周りにいた人はみんな「はちはち」と呼んでいた。はちはちロックデイを意識して、引っ越ししたが、全身が疲労困憊。筋肉痛。しかし、本日は恋のピンチヒッターで店番。前回がマーク=アーモンドだったので、本日はスイート・サーズデイ。

ジャケに映るメンバーが凄い。ジョン・マークはもちろん、御大ブライアン・オーカー。痩せっぽちのロマンチスト、ニッキー・ホプキンス。そしてアラン・デイビスである。それぞれが、ソロアルバムを出せる実力派ばかり。しかし、正直、このアルバム、それほどヒットしなかった。各メンバーも、その後の活動の方が日の目を見ている。

しかし、引っ越し労働で疲れた身体には、静かに染み入る音楽である。





iPhoneから送信

引っ越しの荷物をまとめていたら



普段は開けない収納扉の中に、昔見たビデオの山が出てきた。あ、パルチザン前史もある。いや、いかん、ここでそんなものを見始めたら荷物まとめが終わらない。さらに、ボーリョク学生と間違われれる。とりあえず、段ボールに入れる。

突然段ボール、などという単語も浮かぶ週末の午後。





iPhoneから送信

本日は、店番サボって



ライブ参戦である。長年、ファンとして追いかけてきた香月ヤスノちゃんのライブに行くのだ。ボーカルとユーフォニウムのプレイヤーで、かれこれ5、6年追いかけている。地元のミュージシャンだか、ここ何年かはヌーヨークに移住していた。去年は、年末に帰省ライブを見た。宮崎の民謡をジャズにして歌って、アレンジも面白かった。

本日は、カゴンマのイケメンヤノピの松本氏とベース、ドラム。どんな演奏になるか楽しみだ。そして、もちろん事前充電は必要なので、ただいまガソリン補給中。相方は、この前、大腸手術したばかりだが、そんなもんで怯んでいたらアベ政権は倒せんぞとアジって飲ませている。

あ、思い出した。配偶者は、本日も引っ越しの荷物をまとめている。その修羅場に、ワタクシ、ライブにだけ行くのだと言えず、ライブの後は店番と言い訳してゲルニして来た。うーん、じゃあライブ終わった後の時間つぶしはどうするか。そうだ、ナンパだ。若いチャンネーをナンパするのだ。と、不良中高年パンクの妄想は終わらない。







iPhoneから送信

久しぶりの店番は



マーク=アーモンドからスタート。約2カ月、真面目に公立大の市民講座を受けていたので、水曜日の店番は新鮮である。ただ、ブランクのせいか、いつもはスマホを完全に充電させるのだが、ついそのままにしていた。まあ、70パーセントはバッテリーが残っているから、何とか大丈夫だろう。

マーク=アーモンドを聴くのは、ずいぶん久しぶりだ。大学の1年後輩だったS木君が好きで、良くボックスでレコードをかけていた。もっとも、入会したばかりのサークル員が、自分の好きなレコードをかけられるようになるには、苦節10年の修行が必要である、って、うちのサークルは老舗寿司屋かっちゅうの(笑)。

もちろん、10年はありえないが、それでも1回生の前期は、まだまだ遠慮しながらレコードをかけたものだ。同学年ばかりだと、遠慮は無いのだが、先輩が、それもジャズ班やブルース班の先輩がいる前で、自分の好きなロックのレコードをかけるのは、いささか勇気が必要だった。クラシック班?僕が入った75年は壊滅状態で、それでも75年の後期から、色白二枚目のO崎さんと、色黒いごっそう変態F原の2人が再建したが、誠に残念ながら、2人とも押しが弱く、サークルで発言権は無かった。

たまにボックスで、クラシックが流れていることがあったが、僕などは何、これ、辛気臭と言ってステレオの針を上げ、レコードを勝手に替えていた。そのときに、ボックスの何処かでモゴモゴ言うF原がいたら、ストーンズをかけて、おまえ、先輩に対して何やその態度は、とO崎さんが言うと、先輩とて容赦はせんぞと、これは千三つのF田の真似をしてからかったもんだ。ここまで書いたら、客が来た。





iPhoneから送信

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索