仕事サボって映画なう



日曜が休めなかったので、本日は仕事休んで前から見たかった『沈黙』を上映しているシネコンへ。以前は、1日3回上映していたのに、今は昼からの1回だけ。平日なのでガラガラ。サヒカブイの映画なので、代金の支払いに戸惑う。自販機なのだ。しかも、僕は普段の行いが良いので、定価から100円引いてくれた。何故か、入り口で身分証の提示を求められた。拒否したら、後ろから誰かがハンカチに染み込ませた毒を、などと言ってるうちに始まる。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

しまった、見逃した



引き続き、暇つぶし中。映画のスケジュール表を見ていたら、何と、ジョニー・サンダースの映画があった。しかも、5月10日の1日限り。ちくしょー、見逃したぜ。仕方ないので、『愛人OLえぐり折檻』でも観にいくか、ってナンデヤネン(笑)。





iPhoneから送信

若松監督の三部作



今、見終わった。三島の映画というより、森田必勝の映画だった。前作で主演していた寺島しのぶが三島の奥さん役で、ラスト前に「何にも変わらなかった」というところと、生き残った隊員が、奥さんからの問いに黙って両手を見せるラストシーンがよかった。板橋のピアノも悲しげで印象的だった。

ところで、前作の『キャタラー』は見逃してるので、DVDを探してみるか。

それだけの話

 8月に入った。月が替わってうれしいのは、GYAOで映画『悪名』シリーズが更新されることだ。6月に偶然気がついて、それから7月、8月と月初に見ている。今日も、もちろん見た。『悪名一番』、1963年の作品である。東京オリンピックの前の年で、八尾の朝吉親分と清次がひょんなことから東京に出て、いろいろあって、今回は清次が囚われの身になってピンチになるのだが、最終的には当然であるが悪い奴らをどついて成敗するのである。勧善懲悪、見ていて気持ちがいい。ストーリーは単純だが、勝新と田宮二郎の名コンビぶりはいつ見ても愉快、痛快、奇奇怪怪(by 怪物くん)である。あ、でもこういう雰囲気は関西系の人でないと分かってもらえないかもしれない。僕自身も大学で関西に住まなければ『悪名』を面白がったりはしなかっただろうな。そうそう、今回はヒロインが江波杏子だったけど、綺麗でね、最初は范文雀かと思って、ドキドキして見ていました。結局、見終わっても誰だか分からなくて、ググってみたら江波杏子だったことが分かって、ちょっとビックリ。ラジオから流れるモダンジャズや、深夜喫茶ぽいシチュエーションもあって、ああ、こういうのが『フーテン』の時代背景なんだなと思って見てました。まあ、それだけの話なんだけどね。



最終指令 第3部終了せよ


見た。ようやく見終えました。やはり、それまでの1部と2部は第3部の為の壮大な予告編だった。すべての頭脳警察ファンは、この第3部は必見である。

しかし、西部講堂でのライブは鬼気迫るものがあった。何といっても、あの「オリオン」を1、2共やるのだ。アンコールは「歴史から飛びだせ」。

チクショー、生で見たかった。

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索