困った、こまった



今日は、久しぶりに平日の店番。取り出したレコードは、イーノの環境音楽。それは何故か?実は突発性難聴になってしまった。以前から、右の耳が聞こえにくいことがあった。耳鳴りは、ここ何カ月も続いていたが、これは歳をとると誰でもなると思い放置していた。良く新聞や週刊誌の広告で、あの煩かった耳鳴りがぴたりと止まる蜂の子とか、そういうのよく見かけませんか?

ああいう広告が頻繁に出るというのは、それに悩む人が多いわけで、それは加齢が原因であれば如何ともしがたい。と、この辺り、実に僕は潔いのだ。ダメなものはダメ。あかんことはあかんのや。それを無理にアンチエイジングなんてやるから、世の中おかしくなる。歳を取れば誰でもジジババ。これはシャーない。ま、耳鳴りがしても普通に会話出来るし、考えて見れば強烈なライブを見た後は、当然、強烈な耳鳴りがする。ということは、オレはライブを見に行かなくてもライブを見た感覚でいられる。そう考えるようにした。

しかし、右の耳が聞こえにくいのは少し勝手が悪い。聞こえにくいというより、耳が詰まった感じ。あの飛行機に乗って気圧の変化を耳が感じるような、なんていうのか、鼻で息を抜くけどスッキリしない。その症状も朝は少し辛いが、1日額に汗して働いて家に帰る頃には元に戻っていたので放置した。

これがあかんかったようだ。月曜日の朝に起きたら、やはり右の耳が聞こえにくい。今回は、かなりひどくてテレビの音も聞き取りにくい。このままだとヤバイかなと流石に考え、仕事帰りに耳鼻科に行った。

ちょうど一年前に原因不明のめまいを治してくれた耳鼻科だ。やたら繁盛していて、僕が行った18時前も駐車場にはたくさんの車が停めてあった。それでもドクターが3人いるので、捌くスピードは早い。すぐに呼ばれてドクターの問診を受けた。次は聴力検査や。自慢じゃないが、僕はこの聴力検査は自信がある。先日の健康診断でも全く異常無しと言われただけでなく反応が早いと褒められた。

今回も自信たっぷりに受けた。流石に専門医だけあって耳から聞こえる音だけでなく、耳の後ろの頭蓋骨を通して聞こえる音の検査もあった。その結果はどうだったか。明らかに右の耳の聴力が落ちている。グラフにして見せてくれたが、一目瞭然。こら、聞こえてないな。

突発性難聴を起こしている可能性が高いので、まずは1週間薬をしっかり飲んで、その後、また検索することになった。馬に食わせるのかというくらいたくさんの薬がでた。少し気になったのは、もし薬を飲んで余計に耳が聞こえにくいとか、身体に異常を感じたらすぐ来いと言うのだ。この難聴は発症してすぐなら薬がよく効くらしいが、時間が経過しているとイッツ・トゥー・冷凍。ちがう、レイトらしい。正直、直ぐに病院に行かなかったことを後悔した。しかし、やらぬ後悔よりやる後悔。こうなったらなるしかならん。

ということで毎日薬。良薬は口に苦いのは当たり前だのクラッカーなので、文句は言うまい。しかし、毎食後に飲むシロップという名のめまい止めの飲み薬。これがゲロまずい。苦いのは我慢できるが、マズイのはしんどい。毎回、この薬を飲んだ後は飴玉しゃぶったり、ジュース飲んだりして誤魔化すがツライ。しかし、難聴だと言うのにロックやジャズなどという下賎な音楽を聴いていて良いのか。そう、自分に問いかけ本日はイーノである。イーノの音楽ならイーノである。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

嵐の前に



家に届いた『空飛ぶ冷やし中華』。この本を阪急電車の中で読み、オレは即座に全冷中過激派を宣言した。何処で?BOXで。誰に?全サークル員に。そして、この本にはサークルのゴム印が押され、全冷中主義者の共有化がなされた。いや、革命のバイブルとなったのだ。

一体何のこっちゃと思われる方が、圧倒的多数であることは千も承知だ。そもそも、全冷中など今は何処にも存在しないし、そんな団体があったことも、連日連夜の党派闘争があったことを知る人も少なくなった。余談だが、いま「とうはとうそう」と書いて変換したが、全然違う文字しか出ないので頭に来て単語登録した。

説明するのも面倒だが、この全冷中というのは山下洋輔が作った全日本冷やし中華愛好会の略称である。ある冬の日、昼間から蕎麦屋で呑んでいた山下洋輔とその仲間達。突然、冷やし中華が食べたくなった山下洋輔だが、この時期は冷やし中華をやっていないことは承知の上で注文した。案の定、季節商品なのでやっていない。そのことに激怒した山下御大、その場で声明文を作り行きつけのバーの壁に貼った。要は何故、冬場は冷やし中華が食べられないのか?このような間違った習慣を少しでも変えていこうという趣旨で作られたシャレである。ところが、これに反応する人間が次々出て来て、ついには会報は作るし、イベントは行うし、収拾のつかない騒ぎになるのだ。

それはさておき、この本を大学3回生のときに読んで、いろいろな冷やし中華主義者の論を比較したが、ダントツ優れていたのが全冷中神奈川委員会に属する伊達政保であった。そして時は流れることウン十年。何とフェイスブックで、もちろん以前からチェックはしていたのだが、伊達政保さんご本人とつながることが出来た。そうそう、この全冷中の初代会長である山下洋輔御大にも、今年初めて話をさせてもらい、伊達理論で武装した全冷中過激派であると名乗る事が出来たのは、我が人生最良の思い出の一つである。

ちょうど『水を石油に変える人』を、読み終えたので次はこの本をじっくり読もう。どうせ連休も台風だ。





iPhoneから送信

呆れてものが言えない、こんな日がこれからずっと続くのか

 著作権料にかかわることだが、今夜の気持ちはパンタのこの歌詞に全て集約される。愚かな記念日の祝いに歌詞を書き綴って寝よう。

「夜明けはまだ」 作詞:中村治雄

夜明けはまだ オレは待っているのに
夜明けはまだ 雲が流れてるのに
蒼ざめた時間よ オレを見てくれ
そして話かけてくれよ お前だけだよ オレを信じてくれるのは

夜明けはまだ 海は待っているのに
夜明けはまだ オレが待っているのに

星に祈る少女よ 手を差し出して
そしてオレを抱いてくれよ さみしすぎるよオレの考えていることは

蒼ざめた時間よ オレを見てくれ
そして話かけてくれよ お前だけだよ オレを信じてくれるのは

夜明けはまだ オレは待っているのに
夜明けはまだ オレは待っているのに

ブログ記念日というのか



2006年の今日、拙blogがスタートした。この日の前に準備は出来ていたが、あえてこの日にした。今なら、さしずめ共謀罪の恐れありとして、パクられたかもしれない。な、こたーねーか。などと油断している間に、我がポンニチはますますバイヤーな国になりつつある。

さて、今日はストリート音楽祭の日でもあるが、宮崎国際ジャズデイのチケット売りを午後1時からやる予定だった。が、しかし、テントがない。手違いで1時間遅れ。ま、よくある話である。嫌がらせじゃないだけマシか。しかし、いい天気なのに客が少ない。ゴールデンウィークの初日だけに、皆さん観光かな。さ、チケット売らねばの娘だ。





iPhoneから送信

アメニモマケズ



カゼニモマケズ、せんべろのサカバ二ヨヤクシテ、イチジカンイゼウコズニ、ソレデモミセノヒトハヨヤクヲソノママニシテクレル。コウハイヲツレテせんべろ二キタラ、ヤキソバノオオモリトヤキメシノオオモリヲタノミ、カネハシンパイスナ、オオイニノメトススメル。マワリノヒトカラハ、オセッカイナデクノボートイワレル、ソウイフヒトニナリタクナイ。




iPhoneから送信

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索