本日は、不死鳥のトランペッター



大野俊三のライブに参戦。その前の準備で地元のセンベロ酒場の高砂で軽く一杯。久しぶりに店に入ると、なんと年代が若返っている。いつの間に、こんなに若い人が集まるようになったのだ。

少し考えて、嫌な結論が出た。回りが若いのではない。俺たちがジジイになったのだ。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

また一つ、文化の灯が



今日は、健康診断を受診するために仕事を休んだ。去年は、仕事の合間に健康診断を受けたが、おかげで大変な目にあったからだ。原因は、バリウムである。これまで何度も飲んだ事があり、その時はノープロブレムだったが、昨年は下剤が全く効かず、仕事中に物凄い腹痛が襲ってきて脂汗を浮かべながらも働いた。働いて、働いて、働いて、休みたいとか遊びたいと思ったら、その時は死ねなどとブラック企業も顔負けなことを言う母親がいたからではなく、たかがハライタごときで仕事を早退するなどというのは、男は日に三言の九州男児のプライドが許さんわけよ。従って、断続的に襲って来る腹痛と闘っていたのだが、人には限界というものがある。九州には玄界灘がある。ま、それは関係無いが、とにかく迫り来る腹痛をなんとかしないと気が狂いかねない。仕事を早引けして、そのまま行きつけの病院に直行した。

その病院には、大腸内視鏡のベテランのお医者さんがいるのだが、去年だったか、その先生の都合が付かず別の先生にやって貰った大腸内視鏡の検査では地獄を見た。麻酔をかけられているのに、痛みで意識を取り戻すなどという鬼のような経験もした。それはさておき、昨年は職場から直行しレントゲンを撮って、バリウムがもう肛門の近くまで来ているのに、出て来ない。もう少し、時間をおけば自然と排便されるかもと医者は言ったが、ちょっと待て、痛いのはオレであってあんたじゃない。オレはこの痛みを、今すぐ無くして欲しいのだ。自然に任せるのでは無く、人類の叡智を使って痛みから解放してくれ、飛べない調査兵団は巨人のエサにしかならないのは歴史が証明しているじゃないか。などと、ハライタで苦しんでる人間が言える訳は無く、ただ一言。『せ、先生、艦長違う、館長、こっちでもないか、あの元スパイダースだった痩せた男が昔、良く言ってた、そう、カンチョーしてください』。と、頼み込んで、やって貰ったカンチョーの気持ち良さ。いや、その、性癖としてのカンチョーでは無く、それまで詰まっていたものが一気に出る快感。しかし、人間は下水管に目鼻というのは、けだし名言である。

というような経験を昨年したので、今年は万全を期して、仕事は休んで健康診断に向かった。人は過ちをおかすが、そこから学習する能力がある。今回は、前年の轍を踏まないために、バリウム検査の前に受付の若いおねいさんに、前回いかに苦しんだかを切々と訴えた。その効果は、早速現れた。通常は2錠しか出さない下剤を4錠、さらにテイクアウトで6錠貰った。バリウム検査は、多分、去年と同じ技師でやたら明るく声が大きい。その指示に従って右に回ったり、左に回ったり、回転するベッドの手すりを握りしめて仁王立ちしたり、目の回るような忙しさだったが何とか無事に終わった。そこから更衣室にダッシュで行き、大量の水と一緒に下剤を摂取。そのまま家に帰って、そそくさと飯を作って食った。すると、直ぐに便意を催しトイレに入ると、あら嬉しや、無事に出るものが出る。バラの木にバラの花咲く、何の不思議があろうか。艱難汝を玉にす、冬来りなば春遠からじ、などとありがたい諺を唱えつつ、しかし、ここで油断して出るものが出なくなると困る。どうすべきか?

結論は、身体を動かすことが一番だと判断。以前の大腸内視鏡検査の時も、下剤の効き目が悪く、病院の内外を当てもなく歩かされたことを思い出したのだ。そうだ、自転車に乗ろう。自転車に乗って(by 高田渡)ベルを鳴らし、隣の街まで嫌なお使いに行くのだ。いや、もう子供じゃないからお使いは余計か。そういえば、タワレコがこの街から撤退して、いわゆる新譜を置いてるCDショップにご無沙汰している。郊外のショッピングセンターまで、ぶらぶら自転車で往復すれば、お腹にも刺激になる。ペットボトルに水を詰めて自転車のカゴに投げ込んで出発した。

家から自転車で出て、大きな橋を渡り海の方に向かう。海の少し手前の大きな交差点を曲がり、そこからショッピングセンターまで一直線。の、つもりだったが、いつもと違う景色が目の前に現れた。地元では有名な大型書店の駐車場ががら空きで、しかも入り口に何やら張り紙がしてある。嫌な予感がして、その店に向かって張り紙を見た。なんと、今年の6月でこの場所での営業を止めていた。ということは、オレはこの書店に3カ月来てなかったのか。読みたい本は、図書館やネットで取り寄せして、新刊本の書店にはご無沙汰していたが、まさかこんなことになっていたとは。この書店は専門書も多く、文庫も充実していた。それと、何より新左翼党派の機関紙も置いてあった。こんなもの一体誰が読むんだと思いながらも、たまにその手の機関紙のやたら威勢のいい見出しや、この国の人民に対する悲壮なまでのアジテーションを立ち読みするのは嫌いではなかった。

やれやれと思いながらも、自転車を走らせると次は少し嬉しいことがあった。ブコフではないフルモトが、この近くにあったのだが、営業が厳しくなり廃業するかもといううわさだった。こちらはなんと9月からリニューアルオープンしていた。しかも、本もCDもDVDも一律30%オフだ。本は、これ以上買うといよいよ置く場所が無くなるので立ち読みし、CDを探したらマーク・ボラントリビュートのアルバム、マルコシアス・バンプの秋間が主催しているイベントのやつがあった。参加ミュージシャンにもちろん頭脳警察もはいっている。さらに徳間ジャパンから出されたブルースのコンピ盤。ウェスト・ロードのトランプや、入道、ソー・バッド・レビューにサンハウスにフラワー・トラベリング・バンド。名前を見ているだけで、あの時代を思い出して来た。しかし、地元資本の書店がまた一つ無くなったのは辛い。






iPhoneから送信

何十年ぶりかの学生生活



宮崎国際ジャズデイのイベントの一環として、宮崎公立大で『ジャズとアメリカ文学』の市民講座が開催される。ダメ元で申し込んだら、なんと受講許可が出た。いろいろ、魅力的な講義があるのだが一番聞きたいのは、ウィーピング・ハープ妹尾の授業。10年近く前に宮崎で、今は亡き塩次伸二と一緒にライブをした。その後、伸ちゃんは亡くなるのだか、彼の最期を看取ったのが妹尾隆一郎だ。その時のライブの様子は拙blogにアップし、それを読んでくれた人たちとの交流は今も続いている。

他にも楽しみな講義があり、サヒカブイの学生生活てか、キャンパス・ライフをエンジョイしたい。もちろん、大学の講義には付き物のバリストであったり、学生集会をやったり大学と資本の癒着を抗議しての団交など出来ると思うと、もう待ちきれない(笑)。あ、ヤバ、こんなことを書くと、あいつはボーリョク学生だと言われ、受講許可が取り消されたり、某党派の諸君からいじめられるかもしれんが、なんのそれしき。

もんじゅ再開阻止、東京オリンピック阻止、東北と九州の連帯を求めて孤立は求めないぞ。





iPhoneから送信

梅雨明けの週末



台風も、ほとんど影響無く過ぎて、梅雨も明けたので自転車に乗ってベルを鳴らし、隣の街まで昼飯を食べに来た。この間は彼女とランチデートだったが、本日はシングルランチである。したがって、ラーメンなのだ。付け合わせのモヤシのナムルとやや漬かり過ぎた感のあるぬか漬けを食べていると、ラーメンの丼が来た。一気呵成に食べたら、汗だくになった。

こりゃ暑い、どこかで涼もうとアートセンターに向かったら、制服姿のおっさんが二人、何やら話しながら作業している。何だ何だと見ると自転車にいえろカードを貼っている。以前から、街中の放置自転車は問題で、その取り締まりにボランティアだか、臨時だかスタッフが巡回しているのは知っていた。正確に言うと、自分のチャリにも貼られたことがある。

道交法が変わったので、罰金がつくとマズイと方向転換。しかし、ラブリーリタなら、切符切られても良いが、ダンカイ世代のおっさんに切符を切られることは御免被る。そうこうしているうちに、トイレに行きたくなり、ファッションビルの共同トイレに乱入。用を済まして個室を出ようとしたら、隅に傘が置いてあった。忘れ物だ。しかし、昨日も晴れていたから、このかさの持ち主は少なくとも、2日以上は傘なし生活を送っているぞ、ワトソン。などと、ホームズを気取るが、トイレの一人芝居は、後から来た人に、不審がられるので、やめたほうがいい。




iPhoneから送信

書を捨てて街に




出てみたら、立ち食いうどん屋があった。しかし、椅子のない立ち食いの店で、ゆっくりくつろげる人はいるのだろうか。ちょっと気になる。



iPhoneから送信

プロフィール

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索