そのカネ、立憲民主党にカンパしてやってくれ(笑)

 今日、迷惑メールを削除しようとしたら、ちょっと変わった感じのメールがあった。読んでみてクリビツ。以前もらった「私は人間の言葉が分かるチンパンジーです」ほどのインパクトはないが、小池BBAに騙されて民進党を解体させられ、それでも希望の党なんかには行かないぞという心意気を買って立憲民主党にこの基金をカンパしたい。三島さん、僕の心情を理解してただちに枝野君の口座に振り込みお願いします。以下コピペ。

メールの件名「三島です」 送信者:三島幸恵

突然のご連絡申し訳御座いません。

私の名前は三島幸恵と申します。
50歳の×イチ独身、無職です。
貴方の事は救済会にある「救済対象者リスト」を見て、そこにご連絡先がありましたのでメール致しました。

率直に申し上げます、私から『77億の救済金』を今から受け取って頂きたいのです。
この救済金というのは救済会という財界や政界、国内の高額納税者の方々が<今の日本で救済が必要と判断された方>を救う為に、救済金を人から人へ渡し回していき、それで救う為の救済のお金です。

私もこの救済対象者リストに載っており、前救済者様から救済金を受け取りました。
今度は私がその救済金を救済者に渡す役目を担いまして、それで貴方にご連絡したのです。

私がこの救済金を受け取った時は82億でした。
私はそこから5億を受け取り、今はそれで生活しております。
前夫が残した借金のせいで子供と一緒に首を吊ろうと悩んでいた当時。
とてもつらい生活でした。
その時に突然救済金の知らせを受け、私は藁をも掴む気持ちで受け取ったんです。

自分が助けられた救済金、これで他の方も救いたい。
救済対象者リストにある貴方にも何かしらの事情があるはずです。
それをぜひこの救済金を受け取る事で私のように救われて欲しいのです。

救済金は受け取ったら全額だろうと1円だけだろうと、好きなだけ受け取って構わないのだそうです。

ただ自分が受け取ったら別の方に救済として必ず救済金を渡すというのがルールでして。
私はそれで貴方に今回救済金を回す為にご連絡したのです。

このメールだけでは貴方も理解しがたい部分があるかと思います。
冗談やからかいメールのように見えるかもしれませんが、決してそのような連絡ではありません。

良ければぜひ私からの救済金77億を受け取り、貴方も誰かを救ってあげて頂けませんか?
ご返答をお待ちしておきますので、「受け取る」「受け取らない」どちらかのご返答をお待ちしております。




スポンサーサイト

天花粉、シッカロール或いはベビーパウダー


連日の猛暑で右肘の表側にあせもが出来た。其れ程、痒くはないが見た目が良くない。あせもというより悪質な皮膚病みたいで体裁が悪い。昔からあせもに効くのは天花粉。バカ娘がドラッグストアに買い物に行くついでに購入を頼んだ。しかしながら、、天花粉という言葉が通じない。シッカロールと言ってもダメ。そうだ、ベビーパウダーなら知ってるだろうと言ったが、それもまた怪しい。案の定、後から携帯に電話があり軟骨みたいなものはたくさんあるが、粉末のものは見当たらないという。そうか、もう天花粉は売ってないのかと諦め、軟骨でいいから買って来てくれと頼んだ。

数分後に、得意そうな顔をしたバカ娘がくれたのが写真のベビーパウダーである。ピジョンというのは、確か赤ちゃん用のグッズやドラッグを作ってるメーカーだ。なんだあるじゃないかと、少し嬉しかった。

子供の頃、床屋に行って髪を切るときに、首筋にパタパタはたかれる天花粉が好きだった。少し汗ばんだ肌にふわふわ、サラサラの天花粉が塗るというより拭く、いややはり、はたく感じが気持ち良かった。

後年、この天花粉は大抵の皮膚の病に効くと知った。シーモネーターではないが、毛ジラミをうつされたら、まず速やかにインモーを剃り、剃髪状態の股間に天花粉をつけるとすぐ治ると、これは罹患したヤツから聞いた。幸か不幸か、いや幸に決まっているが毛ジラミをうつされたことは無いので、本当かどうかは分からない。このエントリーを読んでる人の中で、社会主義的リアリズムを追求したいというキトクな人がいたら是非お試しあれ。その間のレポートはメールで送って欲しい。

ま、しかし、この天花粉は皮膚病以外にも役に立つ。久しぶりに下宿に友人が集まり、今日は徹マンすっかと話がまとまり、コタツの天板を裏返し練り牌を箱から出したが、しばらく使ってないため、牌が湿気でベタつくことがある。そのまま使っていけば、時間の経過とともに手に馴染んでくるが、しばらくは気持ちが良くない。

そんなときには、牌の上に天花粉をはたくと、あーら不思議。あっという間にサラサラ、ふわふわになり、洗牌するのも軽やかになるのだ。しかしながら、天花粉の乾燥よりもさらに乾燥するのは自然の風。あれは、大学の一回生の時。秋口に野外で麻雀している連中を見た。いつもは雀荘や薄汚い下宿でやってる麻雀も、秋空の下でやると清々しく見える。

よし、これはいっちょ、オレ達もアウトサイダー違う、アウトドア麻雀やろうやないかとサークルの友人、先輩と話がまとまり、修学院から宝ヶ池まで自転車で移動して屋外麻雀を楽しんだ。コタツも麻雀牌も当然、自転車で運んだのだが良くぞ片手運転で修学院から宝ヶ池まで行けたもんだ。

清々しい秋空の下でやる麻雀は快適、ではなかった。あまりに牌ご乾燥しすぎて山が積めない。いや、積めるには積めるのだが、すぐに崩れてゲームにならない。しかも、点棒も乾いて良く飛ぶので、リーチ・ドラ3などに振り込むと、当然ムカついて点棒を相手に投げる。すると、1番大事な万点棒がどこかに飛んで無くなるなどという不測の事態が続いたため、アウトドア麻雀はその後は2度と行われなかった。

さて、後少ししたら風呂が空くので、ぬるめの湯にゆっくり浸かり、風呂上がりに天花粉をふろう。もちろん鼻歌は「風呂上がりの夜空に」である。オーケー、チャボ!!




iPhoneから送信

遅かりし由良之助てか、尼之助



地方都市に住んでいると、物流の不便さがつきまとう。アルバムでも本でも、新作が発売されると話題になってもわ実際に商品が店頭に並ぶまでにやたら時間がかかる。ディープサウスのザキミヤよりは、はるかに首都圏に近い福岡県在住の燐さんも、以前、エントリーでこのことを書いていた。要するに本土と九州の間の玄界灘が実はとんでも無く大きな海峡であり、首都圏から長距離トラックで運ばれて来た本やアルバムなどは、玄界灘を渡る前に一度本土側で荷物を降ろし、海が荒れないように人身御供を捧げてから海峡を渡る。この時に海に生きたまま投げ込まれるのはニートで、それは我が国の生産性に一切貢献しないからだという説を、確か柳田國男が主張していたはずだ。

ま、そういう風習があるので(ウソに決まってます、笑)、本土と九州には新作が到着するのに大きな時差がある。要するに、発売予定日など何の役にも立たない。しかし、同じポンニチに住み同じように働いて、きちんと納税している人間が、ディープサウス在住だから、本土の人と同じタイミングでブツが入らないというのは、いかがなものか。これは地方サベツでは無いかと菅官房長官に大きな声で質問してみたい。多分、「全く違う」と言われるのが関の山だろうが。

それはさておき、毎回楽しみにしている『進撃の巨人』の新刊が出た。今回は、出遅れないようにアマゾンに予約した。これなら発売予定日から大して遅れずに、また確実に手元に届くと思ったからだ。だが、一昨日、仕事帰りに寄ったコンビニのコミックの書架に、この本が何冊も置いてあった。え、何でや、オレのとこにはまだ来ないのに、コンビニが先か。ちょっとプンスカしながら家に帰ってPC開いたら、アマゾンから商品発送のメールが来ていた。到着予定日は金曜日。くそ、あと2日もある。

そして今日、午前中から配偶者関係の墓参に二箇所行く予定をしていたので、留守番のバカ娘にアマゾンからの荷物が届くので、オレが家に帰るまでは出かけるなと厳しく言いつけ外出。先ほど帰ってみたら、郵便ポストにブツが投げ込んであった。

バカ娘には、留守番した意味がないと文句は言われるし、非常に不愉快な休日の午後であった。









iPhoneから送信

我が国における物流の問題、あるいは田舎をバカにするな、このやろの話



先週の木曜日に、「宮崎国際ジャズデイ」の話の続きを書こうとして、山下洋輔のHPを見たら、5月20日に新書が出たと書いてあった。今は亡き相倉久人と共著であり、オビはナベサダが書いてる。こりゃ買わねばの娘だが、一抹の不安があった。

5月20日販売ってのは、花のお江戸の話であって、こちとらディープサウスのザキミヤ在住の身だ。だいたい発売日から1~2週間遅れるのは、ざらである。この前は、進撃の巨人の22巻が出たと聞いて、探したがどの本屋にも出てない。もうすっかり忘れた頃に自宅近くの本屋で見つけて、即捕獲したが、あれも発売日からかなり経っていた。

しかし、今回はすでに6月1日。発売日から10日は過ぎてるし、だいいち月も変わっている。当然、本屋の新書コーナーにあるはずと思って、行ってみたら何のことはない。どこにも見当たらない。新潮新書のコーナーの1冊目は『バカの壁』である。今時、誰が読むんだ、こんな本と毒づきながら探したが、無い物は無い。無念の涙を飲んで、本屋から撤退した。

家に帰って、そうか、ネットで買えば早いと気がついた。しかし、まあ、明日には本屋に入ってるんじゃないか、ぼちぼち週末も近いし、本屋も商売だから週末に大量入荷して、ポップなんかも飾って、もしかしたら今までの山下洋輔の全出版物を一挙に集めて、大山下大バーゲンという特集がないと誰が断言出来る。世の中に絶対なんてことはないのだ、はぁはぁと何だか知らんが、やたら興奮してそのまま寝た。

ま、ネットで注文しなかったのは、こちとらの読書傾向をアマなどに知られて、ほら、おま、こんな本好きやろ、こんな音楽も好きやっちゅうことも分かっとるんやで、どや、どや。と迫られるのがウザい。しかも、今、アベのボンクラが無理やり共謀罪を成立させようとしてるし、そうなると個人のデータなど敵権力に好き勝手に見られ、何かあったら、お前が共謀してるのは明白じゃ、さっさとお縄についてキリキリ歩けと言われるのは必定。そんな手には乗らんぞ。

とまあ、いろいろ考えた翌日、仕事帰りに本屋に寄るが無い。うむ。明日は土曜だし、明日には入るだろうと、またもや1日待ってみた。土曜は朝からいろいろな用事を済まし、午後になって本屋に向かった。新書の棚を丁寧に探したが、無い。お、どーなっとるんや、この国の物流は。え、もしかしてザキミヤは鎖国しとるんか、関所で入り鉄砲と出女は厳しく詮議しとるんか。てか、この場合は入新書か、え、おい、責任者出てこんかい。と、怒鳴り散らしたかったが、気圧のせいか頭痛が酷くなり帰って寝た。オレは休日は寝てばかりだが、ピースオブマインドをキープするには、スリープがナンバーワンと何故かルー大柴化してしまう。

で、本日の日曜だが、例によって午後遅く起きだして、なんだかんだ買い物など済ませて、いや、目的なんかないんよ、週末の気晴らしのサイクリングやねん。本屋、寄らん寄らん、いや、少し疲れたらのぞくかもしれんが、せいぜいマンガの立ち読み。新書のコーナーには寄りません。と、これは誰に言ってるのか、多分、自分に過度の期待を持たせないためのマインド・コントロールか(笑)。

そういう気楽な気持ちが良かったのか、新潮新書の棚の一番最後にありました。たった1冊。もちろん、ゆっくり手に取り、ついでに明治維新なんて長州テロリストのクーデターやんけ、吉田松陰門下生全員共謀罪じゃ、と普段から考えているワタクシなので、もう1冊、気軽に読めそうな本を買って家に帰ったのだ。

ということで、例のエントリーの続きは、もう少し後になりそうな今日この頃(笑)。





iPhoneから送信

本日のブツ



連休中に休みが1日しか取れないバカ娘と、久しぶりにフルモト探索。いつも行くお店では無く、大学の近くの店舗に行って見た。CDは、高田渡のベルウッド時代の作品が4、5枚。迷ったが、とりあえずパス。この前、岡林が美空ひばりの歌を歌ったアルバムを買ったばかりで、そのまま渡に行くとフォークジジイになりそうな悪寒が(笑)。

ロック系のアルバムは、これもマニアックなものがあったがパス。何気にハードカバーの廉価コーナーを眺めていたら、飛び込んで来たのが井上光晴の遺作。娘の荒野の日記を以前読んだが、癌との闘病生活が奇妙なユーモアに包まれていて印象に残っていた。

手に取るとブックカバーも綺麗だし、本を包む油紙も変色無し。こりゃ万引本と違うかと訝ったが家に帰ってページをめくると、確かに人が読んだ形跡がある。更に、最後のページには新聞の切り抜きが挟まっていた。なんと、この作品のレビューである。

勝手な想像だが、この本を購入した人が何らかの事情で、手放すことになったのか。その事情は、もしかして亡くなられ、そのご家族ご遺品整理でフルモトに出したのか。

フルモトで買うCDに、ミュージシャンのサインがついてる事があり、フザケンナ、この野郎。せっかく貰ったサインを売るな、と怒った事が何度かあったが、それもこういう理由だと仕方ないか。

などと、勝手な想像ばかりするので文学部出身は世の役に立たん(笑)。





iPhoneから送信

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索