本日は写真展の受付で


午後1時から6時まで、アートセンター5階に張り付く。時間前に来てみると隣室から爆音が響く。真空管アンプの会のレコードコンサートが同時開催だった。スタッフの皆さんに挨拶してると、1人の方が手にレコードを持って近づいて来た。なんと、ジャニス・ジョップリンのライブ二枚組。うーん、サマータイムを聴きたい。トライを聴きたい。ムーヴ・オーヴァーを聴きたい。


ところで、今回のレコードコンサートのテーマは、日本のジャズだった。ヨースケやヒノテルや高柳などのレコードが炸裂するのか。ネイティヴ・サンなんかも、スピーカーがブルブル震えていい音するだろう。受付ゲルニして、という考えも浮かぶ土曜の午後。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

うう、どうしようかな、と言っても村八の話ではない


先日、ロックバーの店番している時に紅一点スタッフのケイちゃんから、岡林信康のライブが宮崎のニュー・レトロクラブであると教えてもらった。岡林、あの岡林信康である。山谷ブルースであり、ガイコツの唄であり、くそくらえ節の岡林信康である。

あるいは、それで自由になったのかいであり、私たちの望むものはであり、いやいや月の夜汽車の岡林信康である。最近は、美空ひばりの詞にメロディつけて歌ったり、山下洋輔と一緒にやったりした岡林信康である。

しかし、友よであり、アメリカちゃんであり、などと書いているとキリがないが、あの岡林信康である。大学の先輩にもあたる。が、パンタからセクト・ブギウギでおちょくられた岡林信康である。

33年ぶりで、最後の宮崎ライブである。歴史を伝説を見ておくという意味もあるし、まだまだ現役の岡林信康の今の歌を聴くことにも意義はある。あると思うが、うーん。

この迷いというかためらいというのは、分かる人にしか分からないだろうな。などと年度末で月末で、週末でもある今夜もロックバーで店番しながら迷うワタクシである。





iPhoneから送信

本日は、グレース・マーヤのライブ


残念ながら、客としての参加ではない。宮崎国際ジャズデイのサポーターイベントの第2弾。スタッフとしての参加なので、前回の西藤ヒロノブのライブと同じくほとんど演奏は見られないし、多分、パーティで飲み食いもほとんど出来ない。

が、しかし、おいらがやらなきゃだーれーがやーる、パラシュート革命~。一息入れたら段取りに取り掛かるか。





iPhoneから送信

アメニモマケズ



カゼニモマケズ、せんべろのサカバ二ヨヤクシテ、イチジカンイゼウコズニ、ソレデモミセノヒトハヨヤクヲソノママニシテクレル。コウハイヲツレテせんべろ二キタラ、ヤキソバノオオモリトヤキメシノオオモリヲタノミ、カネハシンパイスナ、オオイニノメトススメル。マワリノヒトカラハ、オセッカイナデクノボートイワレル、ソウイフヒトニナリタクナイ。




iPhoneから送信

職場の忘年会で


何故か学校給食の話題で盛り上がった。必然的に、何が一番美味かったか究極の給食メニューは何だというテーマになり、僕は絶対な自信を持って「揚げパンとみつ豆、これで決まり」と宣言。すると回りに奇妙な空気が漂い、中の1人が意を決した感じで、こう聞いてきた。

「揚げパンは、給食に出たけどみつ豆って何ですか?」。僕は我が耳を疑った。みつ豆を知らない?戦争しか知らない子供たちは知ってるが、みつ豆を知らない子供たちって何や。大人をからかうものじゃ無いぞと諭すが、その場にいた全員がキラキラした目でみつ豆、知らなーい、と訴えている。仕方ないので説明するが、ピンと来ない様子。そうしているうちに、今度はこちらに質問があった。

「脱脂粉乳って飲んだことありますか?」。そんなもん、当たり前だのクラッカー。世の中にこんなに不味い飲み物があると、教えてくれたのは鬼畜米英、違う、米帝。本来、家畜に与えるものを大量に余ったからといって、植民地である我がポンニチに売りつけた。それを栄養があるなどと有難がって押しいただいたのは当時のポンニチ政権。ま、そんなことはどうでも良いが、脱脂粉乳飲んだ飲んだ、飲まれて飲んで、飲んで飲みつぶれて眠るまで飲んだよな、と同意を求めたら全員揃って首を横に振りやがった。

さらに、給食に米のメシは出たかという話題になり、そんなもん出てきたことねーよ。コッペパンか食パンだと答えたら、「カレーの時もパンですか?」と聞かれ、「カレーなんか給食で出たことねーよ。カレーシチューはでたけどな。あれがまた、サラサラした味なんだが、美味かった」と答えたら、またもや全員揃って首を横に振りやがった。カレーシチューなど知らないというのだ。

ま、世代の違いといえばそれまでだが、給食でクジラの肉を美味しく頂いた世代からすると、米の給食ナンセンス、みつ豆知らない世代ナンセンスと叫んでおく。





iPhoneから送信

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索