嵐の前に



家に届いた『空飛ぶ冷やし中華』。この本を阪急電車の中で読み、オレは即座に全冷中過激派を宣言した。何処で?BOXで。誰に?全サークル員に。そして、この本にはサークルのゴム印が押され、全冷中主義者の共有化がなされた。いや、革命のバイブルとなったのだ。

一体何のこっちゃと思われる方が、圧倒的少数であることは千も承知だ。そもそも、全冷中など今は何処にも存在しないし、そんな団体があったことも、連日連夜の党派闘争があったことを知る人も少なくなった。余談だが、いま「とうはとうそう」と書いて変換したが、全然違う文字しか出ないので頭に来て単語登録した。

説明するのも面倒だが、この全冷中というのは山下洋輔が作った全日本冷やし中華愛好会の略称である。ある冬の日、昼間から蕎麦屋で呑んでいた山下洋輔とその仲間達。突然、冷やし中華が食べたくなった山下洋輔だが、この時期は冷やし中華をやっていないことは承知の上で注文した。案の定、季節商品なのでやっていない。そのことに激怒した山下御大、その場で声明文を作り行きつけのバーの壁に貼った。要は何故、冬場は冷やし中華が食べられないのか?このような間違った習慣を少しでも変えていこうという趣旨で作られたシャレである。ところが、これに反応する人間が次々出て来て、ついには会報は作るし、イベントは行うし、収拾のつかない騒ぎになるのだ。

それはさておき、この本を大学3回生のときに読んで、いろいろな冷やし中華主義者の論を比較したが、ダントツ優れていたのが全冷中神奈川委員会に属する伊達政保であった。そして時は流れることウン十年。何とフェイスブックで、もちろん以前からチェックはしていたのだが、伊達政保さんご本人とつながることが出来た。そうそう、この全冷中の初代会長である山下洋輔御大にも、今年初めて話をさせてもらい、伊達理論で武装した全冷中過激派であると名乗る事が出来たのは、我が人生最良の思い出の一つである。

ちょうど『水を石油に変える人』を、読み終えたので次はこの本をじっくり読もう。どうせ連休も台風だ。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

忍者部隊月光を



アマゾンのビデオで見始めた週末の夜。平穏なディープサウスも、訳の分からん殺人事件があったり何や知らんけどしんどい世の中になった。今夜は、久しぶりにウイスキーのハイボールを飲んで、良い気持ちになったので春の宵が値千金なら秋の宵も値千金でいいじゃないか、あ、イイジャナイカ、イイジャナイカ、イイジャナイカ、イイジャナイカと延々とリフレインが続くのはモップスの御意見無用。

それはさておき、オープニングのビリングを見てたら懐かしい役者の名前が次々と登場。『狂い咲きサンダーロード』でモーホーの右翼の役を狂気的に演じていた小林稔侍の名前を見てクリビツ。八名信夫も出てるので、これから楽しみである。あ、北にある挑戦的な国は、この間、大人しくしててね。猪木とダーッでもやってストレス解消して欲しい。





iPhoneから送信

もう、バリウムは飲まない(ちょっとアンニュイな感じで読んで下さい)



職場の健康診断を受けた。胃の検査は、レントゲン撮影なのでバリウムを飲む。以前は、全く問題無かったバリウムだか、ここ数年は通算成績ご良く無い。去年は勝ったものの、一昨年と今年は敗北である。特に、今年は完全な敗北だった。

朝一番の検査を予約していたので、前日は早めに寝た。というか、今回の敗北の予兆は前日からあった。昨日の朝起きたら、オトコの態度が変わってた~、違う、小林万里子のブルースではない。

朝起きたら、右耳だけ聞こえなくなっていた。ひどい耳鳴りがする。とりあえず、仕事には行った。相変わらず、右の耳だけ聞こえない。それでも、無事、仕事をして帰宅。家で立っていると、何だかフラフラする。自分の机に向かい椅子に座っても気分が良く無い。パソコン開くと、目が回る感じだ。いわゆる、めまいとは少し違う。何だか、すごく疲れた感じでシャワー浴びたらすぐに寝てしまった。

そして今朝、右耳だけ聞こえないという症状は消えていた。目が眩む感じもないので、検便・検尿・問診票を持って健康診断に行った。不愉快だが、体重が増えていた。ま、これは自覚があった。不正脈もある。これも若い時、ホルター心電図を付けて調べたら気にしなくていいと言われた。しかし、今年はきちんと調べろと言われた。医者の言い方が奥歯に物が挟まったような言い方だったので、先手を打った。要は、歳を取ったということですか?そうですと医者。

あ、その前にバリウムや。以前、大変なめにあった、あかん、続きは次回。





iPhoneから送信

晩夏の午後は読書でも



図書館からメールが届き、予約していた本が入荷した旨が書いてあった。平日は慌ただしいので本日受け取りに行く。そのついでに、以前から借りて読もうとしてそのままになっていた唐牛伝も一緒に借りた。家に帰ると、これまたネットで注文していた本が届いていた。こんなもんだよな、手元に読みたい本が無い時は全然なのに、いざ面白そうな本が入ると次々だ。ちなみに、この前まで読んでいたプガじゃの本は、創刊から廃刊じゃないか、大手に買い取られるまでの15年が時系列的に羅列してあるだけで、まあ面白いところもあったが、映画や芝居は専門外の僕には、それほど熱中出来る話ではなかった。

ミニコミとして登場し、一部の熱烈なファンを巻き込んでプガジャの愛称で親しまれていた雑誌が、なぜ経営が悪化し最終的には資本に絡め取られたかをもっと深く掘り下げで欲しかった。多分、まだ差し障りのある人たちが多いので、書けなかったのかという気がする。

それはさておき、写真に撮った3冊の本。まるでデタラメな並びだが本人にはちゃんと理由がある。まずは60年安保と全学連。その敗北から力をつけた革共同の腐敗と堕落。その歴史の流れに常につきまとう隣国の事件。しかし今、「かくきょうどう」と書いて変換しようとしたら全然出てこなかった。これもITの自己規制か、あるいは忖度か?

しかし、いまさらこんな本読んでも仕方がないが歴史の真実と向き合うことは良心的人間の義務だと考え、汗を流しながら読み始めるか。今日までの全ての反対運動は敗北の歴史である。今日までのあらゆる反対運動は主体的に取り組む人間にとっては絶対的な正義であるが、それはこの国の大多数の人間にとっては正義ではない、と権力から思わされてるだけなのだが。





iPhoneから送信

天花粉、シッカロール或いはベビーパウダー


連日の猛暑で右肘の表側にあせもが出来た。其れ程、痒くはないが見た目が良くない。あせもというより悪質な皮膚病みたいで体裁が悪い。昔からあせもに効くのは天花粉。バカ娘がドラッグストアに買い物に行くついでに購入を頼んだ。しかしながら、、天花粉という言葉が通じない。シッカロールと言ってもダメ。そうだ、ベビーパウダーなら知ってるだろうと言ったが、それもまた怪しい。案の定、後から携帯に電話があり軟骨みたいなものはたくさんあるが、粉末のものは見当たらないという。そうか、もう天花粉は売ってないのかと諦め、軟骨でいいから買って来てくれと頼んだ。

数分後に、得意そうな顔をしたバカ娘がくれたのが写真のベビーパウダーである。ピジョンというのは、確か赤ちゃん用のグッズやドラッグを作ってるメーカーだ。なんだあるじゃないかと、少し嬉しかった。

子供の頃、床屋に行って髪を切るときに、首筋にパタパタはたかれる天花粉が好きだった。少し汗ばんだ肌にふわふわ、サラサラの天花粉が塗るというより拭く、いややはり、はたく感じが気持ち良かった。

後年、この天花粉は大抵の皮膚の病に効くと知った。シーモネーターではないが、毛ジラミをうつされたら、まず速やかにインモーを剃り、剃髪状態の股間に天花粉をつけるとすぐ治ると、これは罹患したヤツから聞いた。幸か不幸か、いや幸に決まっているが毛ジラミをうつされたことは無いので、本当かどうかは分からない。このエントリーを読んでる人の中で、社会主義的リアリズムを追求したいというキトクな人がいたら是非お試しあれ。その間のレポートはメールで送って欲しい。

ま、しかし、この天花粉は皮膚病以外にも役に立つ。久しぶりに下宿に友人が集まり、今日は徹マンすっかと話がまとまり、コタツの天板を裏返し練り牌を箱から出したが、しばらく使ってないため、牌が湿気でベタつくことがある。そのまま使っていけば、時間の経過とともに手に馴染んでくるが、しばらくは気持ちが良くない。

そんなときには、牌の上に天花粉をはたくと、あーら不思議。あっという間にサラサラ、ふわふわになり、洗牌するのも軽やかになるのだ。しかしながら、天花粉の乾燥よりもさらに乾燥するのは自然の風。あれは、大学の一回生の時。秋口に野外で麻雀している連中を見た。いつもは雀荘や薄汚い下宿でやってる麻雀も、秋空の下でやると清々しく見える。

よし、これはいっちょ、オレ達もアウトサイダー違う、アウトドア麻雀やろうやないかとサークルの友人、先輩と話がまとまり、修学院から宝ヶ池まで自転車で移動して屋外麻雀を楽しんだ。コタツも麻雀牌も当然、自転車で運んだのだが良くぞ片手運転で修学院から宝ヶ池まで行けたもんだ。

清々しい秋空の下でやる麻雀は快適、ではなかった。あまりに牌ご乾燥しすぎて山が積めない。いや、積めるには積めるのだが、すぐに崩れてゲームにならない。しかも、点棒も乾いて良く飛ぶので、リーチ・ドラ3などに振り込むと、当然ムカついて点棒を相手に投げる。すると、1番大事な万点棒がどこかに飛んで無くなるなどという不測の事態が続いたため、アウトドア麻雀はその後は2度と行われなかった。

さて、後少ししたら風呂が空くので、ぬるめの湯にゆっくり浸かり、風呂上がりに天花粉をふろう。もちろん鼻歌は「風呂上がりの夜空に」である。オーケー、チャボ!!




iPhoneから送信

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索